特徴

チョン・ウソン、90年代の“幻の主演作”『ビート』配信へ!本編映像解禁 | .

韓国映画界のトップスター、チョン・ウソンが主演した日本未公開『ビート』(1997)が映画配信サービス「JAIHO(ジャイホー)」にてプレミア配信開始。監督のキム・ソンスから日本のファンへ向けたコメント映像と、“90年代最も記憶に残る青春映画の名シーン”と呼ばれる本編映像が解禁された。

本作は、1997年のIMF通貨危機により、混沌の時期を過ごす韓国の若者たちの不安をそのままに描いたかのような青春映画。不良同士、仲が良かった高校生ミンとテスは、社会からドロップアウトした後、別々の道を歩む。悪の道を極めようと突き進むテス(ユ・オソン)に対し、心を入れ替え商売の道に進もうとするミン(チョン・ウソン)。そんなミンにとって、運命的な出会いを果たした女性ロミ(コ・ソヨン)だけがたった1つの希望だったが…。

韓国映画界のトップスター、チョン・ウソン主演

2004年、日本でも大ヒットを記録した韓国映画『私の頭の中の消しゴム』で、「愛の不時着」ソン・イェジンと共演し、日本人気も確立したチョン・ウソン。1994年『KUMIHO千年愛』でスクリーンデビューを果たし、韓国映画界のトップを走るスター俳優の1人としていまもなお活躍している。

そんな彼の“幻の主演作”から本編映像を解禁。人生に夢も希望もなく路頭に迷うミンが、親友テスから譲ってもらった大切なバイクに乗って夜道を走行するシーン。目に涙を浮かべながら前を見つめるミンは、ふと走行中のバイクから手を放し、目を閉じる。まるで人生の悲しみから自らを解放するようなその姿は、まさにこの時代の美しさと儚さ、スリルを象徴しているよう。

さらに、本作のキム・ソンス監督からJAIHOでの配信を記念してコメントが到着。「みなさんに私の映画を紹介できてとても嬉しく思います」と日本語での挨拶を披露し、バイクのシーンについても「とても寒い冬に撮ったが、チョン・ウソンさんは勇敢に演じてくれた」と当時のエピソードを明かす。さらに、「俳優たちがまだ20代だったころ、“友人たち”と集まって作った映画だ」「『ビート』を撮影していた時が、私にとって美しく夢のような時代だった」と語る。90年代韓国映画のその熱気は、いま世界中から注目を集める韓国映画界の原点ともいえるだろう。

<Cool韓国90s特集>配信中

数々の傑作を生みだした巨匠たち、いまトップ俳優として活躍するスターたちが躍進した90年代韓国映画界。大衆性と作家性を兼ね備えた作品が次々と公開され、ニューウェイヴ到来と呼ばれ、ブロックバスタームービーが数々と誕生し若者たちを熱狂させた。世界が注目した『パラサイト半地下の家族』をはじめとする傑作たちの原点を探る。

■『ビート』(1997年/韓国)は2月26日(土)より配信~ ※プレミア
1997年のIMF通貨危機が現実となり、混沌の時期を過ごす韓国の若者たちの青春を描いたかのようなドラマ。主演を務めたチョン・ウソンの世の中や大人たちに対する不満がいまにも爆発しそうな危うげな演技は“韓国のジェームス・ディーン”と称された。チョン・ウソン演じるミンの“俺には夢がなかった”というセリフは、現在でも名セリフとして韓国で知られている。

【STORY】
ミン(チョン・ウソン)とテス(ユ・オソン)はいわゆる“不良”のケンカで高校時代を過ごす。ケンカをしながらもミンは不良になるのではなく、常にどこか別の世界に行きたいと思っていた。ミンは転校した高校で、転校初日から学校一の腕っぷしと言われるファンギュ(イム・チャンジョン)と対決し、圧勝する。ある日、ミンはファンギュに連れられクラブに行くと、そこでルミ(コ・ソヨン)と運命のように出会う。一方でミンはテスのいる暴力団組織にしきりに誘われるのだったが…。

■『接続ザ・コンタクト』(1997年/韓国) 3月1日まで配信中※初配信
『シュリ』(99)で一世を風靡し、『八月のクリスマス』(98)が日本でも話題を呼んだ韓国を代表する俳優ハン・ソッキュのラブ・ロマンス。パソコン通信で語り合いながら、会ったことはない男女の恋を描く。ヒロインは『シークレット・サンシャイン』のチョン・ドヨン。監督は『カル』(99)を手掛けたチャン・ユンヒョン。

■『ナンバー・スリー』(1997年/韓国) 3月24日まで配信中
チンピラとして生きてきたテジュ(ハン・ソッキュ)は、ヤクザ組織トガン派の親分ドシク(アン・ソックァン)の暗殺を未然に防ぎ、組織のNO.3の地位に抜擢される。短気で暴力的なNO.2のジョチョルと知性派のテジュは気が合わず、NO.1の座をかけてライバル関係になる。そんな中、ドシクを狙った暗殺者ジュピル(ソン・ガンホ)は最強の殺し屋チームを目指し、山で厳しい修行に挑んでいた…。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close