特徴

『ドライブ・マイ・カー』世界を魅了する理由は? 「村上春樹作品の普遍性」 | ORICON NEWS

「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン」で5冠を獲得した映画『ドライブ・マイ・カー』濱口竜介監督 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 「第94回米国アカデミー賞」国際長編映画賞及び作品賞へのノミネーション(現地時間8日発表予定)が期待されている日本映画『ドライブ・マイ・カー』。「2021年 第95回キネマ旬報ベスト・テン」でも5冠に輝き、2日に都内で開催された表彰式に出席した濱口竜介監督は、原作者の村上春樹氏や主演の西島秀俊への感謝を伝えた。

【写真】その他の写真を見る

 『ドライブ・マイ・カー』は、「第95回キネマ旬報ベスト・テン」において、日本映画作品賞、日本映画監督賞(濱口竜介)、日本映画脚本賞(濱口竜介、大江崇允)、助演女優賞(三浦透子)、読者選出日本映画監督賞(濱口竜介)を受賞。

(左から)C&Iエンターテイメント株式会社 久保田修代表、濱口竜介、大江崇允、三浦透子 (C)ORICON NewS inc.

(左から)C&Iエンターテイメント株式会社 久保田修代表、濱口竜介、大江崇允、三浦透子 (C)ORICON NewS inc.

写真ページを見る

 国内の映画賞はもとより、海外でも次々と賞を獲得し、1月に発表された米国アカデミー賞の前哨戦ともいわれる「第79回ゴールデングローブ賞」では62年ぶりに非英語映画賞を受賞するなど、旋風を巻き起こしている。

 こうした現状について、表彰式の司会を務めた笠井信輔アナウンサーから質問が及ぶと、濱口監督は「これほど広がっていくとはとても驚いています。特にアメリカで多くの方に受け入れられている状況は想像していなかったことなので、驚きですし、心からうれしく思っています」と答えた。

 海外で評価されている要因については、「村上春樹さんの短編が原作ですが、長編映画化するにあたり、村上さんが長編小説でよく書かれているテーマである“喪失”からどうやってもう一度生き直すのか、希望に手に入れるのか、というのを指針に作りました。村上さんの物語の普遍性が受け入れられているのではないか」と分析。

 製作に携わったC&Iエンターテイメント代表の久保田修氏は「コロナ禍や格差、分断が広がる世界で、皆、再生や癒やしを求めているんだな、と思いました。ある種、時代とマッチした」と見解を述べていた。

 さらに濱口監督は「村上さんに映画化の許可をいただくために手紙を書いた」ことを明かし、「そこに、村上さんにとっての文章は、私たちにとっての役者です。役者の感情が第一であって、その感情を守るようにして映画を作っていきたいと申し上げました」と振り返った。

 出来上がった2時間59分の映画に、ほぼ出突っ張りの西島については「『ドライブ・マイ・カー』は西島さんをずっと見続ける作品でもある。西島さんでなくてはきっと多くの観客が納得するような演技を見せられなかったのではないか。西島さんの力はとても大きい」と語った。

 最後に、ノミネーション発表が迫る米国アカデミー賞への意気込みを聞かれた濱口監督は「成り行きなので、もし、そういうことがあったとてもありがたいことだと思いますが、今の時点で十分評価されているので素直に喜びたいと思います。賞によって作品が変わることではないので、自分たちは何ができて、何ができなかったのかを心に留めておくことが大事。その上ですばらしいことがあればご褒美だと思います」と、熱(いき)らず、驕(おご)らず、昂(たかぶ)らず、静かにその時を待つ構えだ。

■受賞者・受賞作品
日本映画作品賞(第1位):『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介)
外国映画作品賞(第1位):『ノマドランド』(クロエ・ジャオ監督)
文化映画作品賞(第1位):『水俣曼荼羅』(原一男監督)
日本映画監督賞:濱口竜介(『ドライブ・マイ・カー』『偶然と想像』)
日本映画脚本賞:濱口竜介 大江崇允(『ドライブ・マイ・カー』)
外国映画監督賞:クロエ・ジャオ(『ノマドランド』『エターナルズ』)
主演女優賞:尾野真千子(『茜色に焼かれる』)
主演男優賞:役所広司(『すばらしき世界』)
助演女優賞:三浦透子(『ドライブ・マイ・カー』『スパゲティコード・ラブ』)
助演男優賞:鈴木亮平(『孤狼の血 LEVEL2』『燃えよ剣』『土竜の唄 FINAL』)
新人女優賞:河合優実(『サマーフィルムにのって』『由宇子の天秤』『偽りのないhappy end』)
新人男優賞:和田庵(『茜色に焼かれる』)
読者賞:立川志らく(連載「立川志らくのシネマ徒然草」※6回目)
読者選出日本映画監督賞:濱口竜介(『ドライブ・マイ・カー』)
読者選出外国映画監督賞:クロエ・ジャオ『ノマドランド』『エターナルズ』
特別賞:佐藤忠男

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close