特徴

実写映画『アンチャーテッド』の2分半におよぶ長尺予告編。貨物機から荷物が人がメルセデスが… – Engadget 日本版

Sony Pictures Entertainment

ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが、人気ゲーム実写化映画『アンチャーテッド』の2分半に及ぶ長尺な予告映像を公開しました。貨物機の荷室ハッチが開き、バラバラと放り出されるコンテナを飛び移りながら主人公や悪役たちが戦う、ハリウッド映画ならではのスリリングなシーンに焦点を当てた映像になっています。

今回の貨物機のシーンは以前の予告映像にも一部含まれていたため、既視感があるかもしれませんが、ネイサン・ドレイク(ネイト)を演じるトム・ホランド、ビクター・サリバン(サリー)役のマーク・ウォールバーグ、クロエ・フレイザー役のソフィア・テイラー・アリらが繰り広げる体当たり演技(語彙力)は圧巻というほかありません。

ソニーは『アンチャーテッド』の映画化に10年以上を費やしたのち、2020年夏に撮影を開始しました。その後も新型コロナ禍の影響による公開延期などがあったものの、ようやく米国では2月18日に公開が迫ってきました。日本でも公開予定ですが、その時期はまだ”2022年”とだけ告知されています。

Source:Sony Pictures Entertainment(YouTube)

※エンガジェット日本版は記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

 

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close