特徴

映画館の席選びに便利なマニュアルが話題 席を決められないカップルがきっかけ – Sirabee

制作者は「好きな席は人それぞれで作品や気分によって変わると思うので、自分のお気に入りが発見できるのを目指した」と話す。

大手映画4社で作る日本映画制作者連盟によると、2020年の興行収入は約1,433億円で2000年以降最低になったという。新型コロナウイルスの影響で海外の大作の公演延期や中止が相次いだことが影響しているとみられる。

一方で全国の映画館のスクリーン数は2012年が3,290に対して、2020年は3,616とシネコンの主流化によって毎年少しずつ増加。そんな中、映画館の席選びマニュアルがSNS上で話題を呼んでいる。

【画像】動物イラストもかわいい席選びマニュアル

 

■カップルが席を決められず

制作したのは作家のshimizuさんで、Sirabee編集部の取材に対して「先日、チケット売り場でカップルが席を決められず永遠に迷っているのを見た。そこで、このような表があれば便利なのになあ、とふと思い作ってみた」と話す。

また、「好きな席は人それぞれで作品や気分によって変わると思うので、自分のお気に入りが発見できるものを目指した」と語った。

関連記事:長距離夜行バスで車掌と乗客の男がグル 母親と14歳娘が性犯罪の被害に

 

■穴場は両脇席

動物のイラスト付きでわかりやすいのが、このマニュアルの特長だ。例えば、少し距離をとってゆっくり楽しめる大人な席が一番後方。レイトショーや1人で集中したいときに最適で、ドラマ・ミステリー・サスペンスなどの鑑賞にオススメだという。

また、映画の途中で頻繁にトイレに行きたくなる人は最後方の両脇2席が良いそうだ。後方に出入口がある映画館なら、上映開始に少し遅れてもスッと座れるメリット付き。

穴場は、真ん中から後方にかけての両脇席。shimizuさんは「片側が開けているため、スクリーンが見やすく、入場も退場もスムーズでじつは快適」と述べた。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close