特徴

映画「ただ悪より救いたまえ」日本版イメージソングでJin DoggとIOがタッグ!本日よりデジタル配信&特別予告編も公開 – Kstyle

韓国が誇る名優ファン・ジョンミンと、Netflixで配信され世界的な大ヒットとなった「イカゲーム」のイ・ジョンジェが7年ぶりの共演を果たし、血で血を洗う激しい闘いを繰り広げる映画「ただ悪より救いたまえ」。12月24日(金)からの日本公開も合わせ、世界56ヶ国での公開も決定している最注目韓国ノワール・アクションの日本版イメージソング「Sometimes Win, Sometimes Lose」が完成した。

本日12月17日(金)よりデジタル配信がスタートするこのイメージソングは、ジャンルに捉われずに様々なサウンドを取り入れ、最新EP「You Don’t Know」のリリースや数多くの客演などを精力的に行う関西を代表するラッパーのJin Doggと、東京を代表するヒップホップクルーのKANDYTOWN LIFEのメンバーで世界的な名門レーベル「Def Jam」と契約としているラッパーで映像クリエイターとしても活躍するIOの豪華コラボレーションが実現。映画にインスパイアされた2人のリリックが重なり合った作品となっている。

サウンドプロデュースは、クリエイティブレーベル「BCDMG」の主宰者であるJASHWONと、数々のアーティスト作品を始め、NBAのCM楽曲、映画の楽曲なども手掛けているSIBAが参加。また、「AbemaMix」のレギュラーDJや、多くの作品で活躍を続けるDJ・プロデューサーであるDJ KANJIも協力に名を連ねている。

11月よりイメージソングを使用した30秒の映画特別予告映像が、グランドシネマ池袋、MOVIXさいたま、大阪アメリカ村のRIBIAビジョンとBIGSTEP大型モニターほか、各劇場のスクリーンで上映されていたが、楽曲配信日となる本日より、本企画をプロデュースしているデジタルメディア「JASON RODMAN」のYouTubeチャンネルにて、特別予告編のフルバージョンも公開された。ヒップホップヘッズも映画ファンも是非チェックしてほしい。

■映画情報
「ただ悪より救いたまえ」
2021年12月24日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開
出演:ファン・ジョンミン「ベテラン」、イ・ジョンジェ「新しき世界」、パク・ジョンミン「それだけが、僕の世界」
監督 / 脚本:ホン・ウォンチャン「チェイサー」「哀しき獣」(脚本)

2020年 / 韓国 / 韓国語、英語ほか / シネコン / カラー / 108分
提供:ツイン、Hulu
配給:ツイン
宣伝:スキップ PG-12
(C)2020 CJ ENM CORPORATION, HIVE MEDIA CORP. ALL RIGHTS RESERVED

特別予告映像フル尺 – JASON RODMAN YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCR46J3WRdBfdIvC3LDJz6lQ

「Sometimes Win, Sometimes Lose」楽曲購入リンク:https://linkco.re/v2xGp8C8

■関連リンク
映画「ただ悪より救いたまえ」公式サイト:https://tadaaku.com/

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close