特徴

森田剛主演、新作短編映画『DEATH DAYS』YouTubeで三夜連続公開 | .

森田剛が今年11月2日に立ち上げた新事務所「MOSS」のコンテンツ制作第1弾として、短編映画『DEATH DAYS』(デスデイズ)を企画・制作、MOSS公式YouTubeチャンネルにて三夜連続で完全無料で公開されることが決定した。

主演は、『ヒメアノ~ル』(2016年、吉田恵輔監督)以来5年ぶりの映画主演、1月に『前科者』公開も控える森田剛

脚本・監督は、長久允。埼玉県の女子中学生が400匹もの金魚をプールに放ったという実際にあった事件をもとにした短編『そうして私たちはプールに金魚を、』(2016年)でサンダンス国際映画祭ショートフィルム部門で日本人初グランプリ受賞、両親を亡くしても涙を流せなかったこどもたちが主役の長編『ウィーアーリトルゾンビーズ』(2019年)ではベルリン映画祭ほか37以上の映画祭に招待された実績を持つ。

今回、森田さんから長久監督へ「一緒に作品を作りませんか」と連絡、企画、製作がスタートした。物語は、生まれたときから自分が死ぬ日(デスデイ)を知っている世界で、人々は何歳のデスデイに死ぬかわからない中、暮らしている。主人公(森田さん)の数奇な人生を切り取った3部構成で、森田さんは20歳から40歳までの主人公を演じる。

また、公開はYouTube(MOSS公式YouTubeチャンネル)で、配信後はアーカイブし無料で視聴可能となる。

森田さん以外のキャストおよび予告編については、森田さんの公式Twitter(@GoMorita_JP)より追って発表される予定。

森田剛 コメント

今回この『DEATH DAYS』を企画、制作できた事を嬉しく思います。監督の長久さんを始め、スタッフの皆さん、キャストの皆さんに心から感謝しています。短い撮影期間でしたが、濃厚な時間でした。楽しかった。そして、すごいの出来ちゃった。予感…

長久允監督 コメント

ある夏の夜、森田剛さんから電話がかかってきました。一緒に作品を作りませんか? とのこと。その夜は興奮して眠れませんでした。森田さんと打ち合わせを重ね、プロジェクトの意味を話し合い、テーマを決め、新作のシナリオを書き下ろしました。この時代において、生きること、死んでしまうこと、またその抵抗できなさ、どうしようもなさについて描いた物語です。不器用で、繊細な物語です。
また、 YouTubeというメディアで「映画」を発信していくという志についても議論を重ねました。世界中どこからでも誰でも無料で観ることのできるこの「映画」で、森田さんと共に映像業界への新たな挑戦ができればと思っています。年末の公開まで、あと少し、お待ち下さいませ。

『DEATH DAYS』第一話・12月29日(水)、第二話・30日(木)、最終話・31日(金)の三夜連続でMOSS公式YouTubeチャンネルにて公開。公開後は無期限(予定)でアーカイブ。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close