特徴

“死体村”の悪霊が見せる恐怖と戦慄『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』 日本版ビジュアル&予告編 | .

「未体験ゾーンの映画たち 2022」にて上映される、2022年アカデミー賞国際長編部門ハンガリー代表作『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』より、日本版ビジュアルと予告編が解禁となった。

>>『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』あらすじ&キャストはこちら

舞台は、第一次世界大戦後のハンガリー。死者と遺族の最後の写真を撮ることを仕事にしている「遺体写真家」のトーマスが、長期にわたる戦争とスペイン風邪により大量の犠牲者が出たとある村を訪れる。しかしその村は死者が悪霊となって棲みつく呪われた村だった。トーマスは村に住む少女アナと協力しながら霊を写真に写すことでその秘密を明らかにしていくが、悪霊は2人に容赦なく襲いかかる。果たしてトーマスとアナは、真実を明らかにし悪霊に打ち勝つことが出来るのか?

第88回アカデミー賞国際長編部門で外国語映画賞を受賞した『サウルの息子』をはじめ、『ニーチェの馬』『心と体と』『この世界に残されて』などの良作を送り出してきたハンガリーのアカデミー賞国際長編映画部門代表作。2022年に開催となる第94回の代表作に選出された本作だが、「ホラー映画」が選出されるのは異例のこと。世界の映画祭でも24部門受賞43部門ノミネート(2021年12月時点)、映画批評サイト「ロッテントマト」でも支持率100%(2021年12月時点)となっており、世界中の批評家・映画ファンか注目を集めている作品だ。

監督は、ハンガリー史上初の国際エミー賞にノミネートされたTVシリーズ「Trezor」の監督を務めたピーター・ベルゲンディ。子どもの頃からホラー映画が好きだった彼が、ハンガリーの歴史と密接に関わるホラー映画を作りたいとの構想のもと、第一次世界大戦直後のスペイン風邪の大流行の際に犠牲となった「歴史的な痛みを伴う」幽霊をモチーフにストーリーを紡ぎあげた。美術セット小物にも、そんな時代背景を表現するこだわりのアンティークが使用されている。また主人公の職業となっている「遺体写真(ポストモーテムフォトグラフィー)」は歴史上実際に行われていた経緯もあり、特にヴィクトリア朝時代には自然に庶民の間で行われていた。歴史的な背景と異色の設定を持つ新しいホラー作品となっている。

この度解禁された日本版ビジュアルは「死んでも終わらない恐怖」というコピーとともに、主人公のトーマスが苦悶の表情で叫び声をあげる1枚。その様子からトーマスの想像を絶する恐怖を感じさせる。

併せて解禁となった日本版予告は、遺体写真家のトーマスがスペイン風邪で亡くなった子どもの死体と、その家族を撮影する不気味なシーンから始まる。少女の誘いでスペイン風邪に大量の犠牲者が出たとある村に訪れるのだが、トーマスは村が隠す奇妙な異変に気づいていく。その異変は徐々に激しさを増し、ついに悪霊の怒りがクライマックスに…。果たしてトーマスは秘密を暴き、悪霊に打ち勝つことができるのか? クオリティの高い映像とビジュアルに、本編への期待が高まる。

『ポスト・モーテム 遺体写真家トーマス』は2022年2月4日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、2月よりシネ・リーブル梅田の「未体験ゾーンの映画たち 2022」にて公開。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close