特徴

西野亮廣「映画、ドラマ、音楽も…日本のエンタメが韓国に負け続ける根本理由」 「国の支援の差」だけではない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

イカゲーム、梨泰院クラス、BTSなど韓国エンタメが世界でヒットを飛ばしている。なぜ日本のエンタメは韓国の後塵を拝することになったのか。初めて製作総指揮を務めた映画『えんとつ町のプペル』が国内で170万人を動員し、さらにカタールのアジャル映画祭でMohaq部門 最優秀長編映画賞を受賞するなど、海外でも評価の高い西野亮廣さんに聞いた――。(前編/全2回)

撮影=森本真哉

狙わないと世界一にはなれない

——アジャル国際映画祭の最優秀長編映画賞受賞、おめでとうございます。西野さんは25歳から海外を狙うと宣言されて、映画『えんとつ町のプペル』ではそれを実現させました。そもそも海外を目指した理由はなんだったのでしょうか?

【西野】もともと僕は「世界で一番おもしろくなりたいなぁ」と思って芸人からスタートしました。それでテレビや舞台をがんばっていたのですが、あるとき、ふと、「このまま、この道を走ったとして、世界一になることが可能なんだっけ?」と疑問に思いました。

もちろん例外もありますが、日本語に依存した活動をしている時点で、基本的には海をまたぐことはありません。

あと、自分がプレイヤーとしての才能は無いということは、さすがに5年も活動していれば分かります。だからといって、作り手として才能があるのかはわからないのですが、少なくともプレーヤーとしての可能性が無いことはわかったので、もうやめようと。

そんなこんなで、次に始めるときには世界に続くレールに乗らないとだめだなって、まずは「非言語のエンタメ」か、「翻訳のハードルが極めて低いエンタメ」を“創る”ことに手を出そうと思って、辿り着いたのが「絵本」でした。

——世界に挑むための手段として絵本を選ばれたんですね。

【西野】はい。25歳でタレント活動から軸足を抜くことを決めてからは、「世界で戦うにはどうしたらいいのだろう?」と考えるようになりました。「世界一」はたまたま獲れるようなものでもなさそうなので、まずは優位性を探りました。

「日本は何が強いのだろうか?」という問いです。

エンターテインメント(以下、エンタメ)に限らず、すべてのジャンルのなかで「日本が勝っているものは何なのだろう?」と考えたときに、「制限がある勝負」「規格が統治された勝負」は善戦しているなと。

スポーツでたとえるなら体重別のスポーツ。「55kg級で世界一を競ってください」というようなものだったら結構勝てていますし、料理なんかもそうですね。「この素材を使って一番おいしいものをつくってください」といったときにも世界で勝てている。日本人は工夫力みたいなものは、非常に優れている。そもそも、真面目だし。そういう強みが発揮できる分野に挑めばいいのだろうなと思いました。

「工夫力がモノをいう場所」を言い換えると、「大資本が力を出せない場所」ですね。

最初から映画で世界に挑もうとしたら、ハリウッドやディズニーという大資本と同じ土俵で戦わないといけません。絵本は紙でつくるという制約があるので、100億円の予算はかけられない。絵本ならシンプルに才能勝負になるなと思って、それなら勝ち目はありそうです。

くれぐれも僕に才能があるとかそういう話ではなく、「才能勝負に持ち込んだら可能性がゼロではない」ということです。25歳のガキが予算無制限のエンタメで勝負をかけたら、負けるのは確実なので(笑)。

▼新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』

新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』

2022年1月3日(月)から20日(木)まで、新橋演舞場で、新作歌舞伎『プペル 天明の護美人間』が上演される。出演は市川海老蔵、市川 ぼたん(交互出演)、堀越 勸玄(交互出演)ほか、原作・脚本は西野亮廣、演出は藤間勘十郎。詳細はこちら。

 

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close