特徴

キム・ウビン、是枝監督の映画「そして父になる」バリアフリーバージョンのナレーションに参加“光栄です” – Kstyle

写真=バリアフリー映画委員会俳優のキム・ウビンがミン・ギュドン監督と共に、日本映画「そして父になる」のバリアフリーバージョンに参加した。

7日、(私)バリアフリー映画委員会は「ミン・ギュドン監督とキム・ウビンが今年7月、ソウル産業振興院(SBA)のスタジオで『そして父になる』のバリアフリーバージョンの制作現場に参加した。ミン・ギュドン監督が演出を、キム・ウビンがナレーションを務め、音声解説のレコーディングを進めた」と明かした。

続いて「ミン・ギュドン監督とキム・ウビンは、バリアフリー映画制作の趣旨と意味に共感し、忙しい中快く時間を割いてくださった。才能寄付(技術や技能を無償で提供すること)の形で、バリアフリーバージョンの制作に参加した」と述べた。

アニメーション映画「おおかみこどもの雨と雪」バリアフリーバージョンの演出で、委員会と縁を結んだミン・ギュドン監督は「そして父になる」のバリアフリーバージョンまで参加し、引き続き共に活動することになった。ミン監督は「久しぶりにバリアフリーバージョンの制作に参加した。映画を通じて、世の中で会う方法は様々あり、画面の中にも数えきれないほど多くの言語があるということを改めて感じた。しかも、素晴らしい映画である時は言うまでもない」と感想を語った。

今回、初めてバリアフリーバージョンの映画のナレーションに参加したキム・ウビンは「良い映画をもっと多くの人に紹介し、届けることができてありがたい時間を過ごせた。一緒にできて光栄だった」と伝えた。

「そして父になる」バリアフリーバージョンの制作は、tcastが版権を提供し、(株)trnの制作支援で実現した。ミン・ギュドン監督演出、キム・ウビンが優しい声でナレーションを務めた「そして父になる」バリアフリーバージョンは、今年10月からオン・オフラインで、共同体上映(市民団体や官公庁、宗教団体を回って数十人~100人程度の小規模で映画を上映する方式)のための申請が可能になる。

「そして父になる」は、世界的に有名な日本の巨匠、是枝裕和監督の代表作の一つであり、2013年に「カンヌ国際映画祭」審査員賞を受賞した。成功したビジネスマンの野々宮良多(福山雅治)が、6年間大切に育ててきた息子が、実は他人の子だということが判明することから繰り広げられるストーリーを描いた。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close