特徴

燃え殻の書き下ろし小説を成田凌、黒木華、そして豪華クリエイター陣が朗読劇化! | 湯布院奇行 | ニュース

SNS時代のベストセラー作家・燃え殻の書き下ろし小説を成田凌、黒木華、そして豪華クリエイター陣が朗読劇化!9月28日(火)~30日(木)新国立劇場 中劇場にて上演。

実力・人気共に兼ね備えた二人が紡ぐ、世にも美しきカオスの世界!

作家である「私」が「謎の美女」により現実とも虚構ともつかない世界に誘われるという物語の本作、朗読劇「湯布院奇行」。その主人公、小説家の「私」役を務めるのは、NHK連続テレビ小説『おちょやん』などの好演で全国的な人気を誇る成田凌。そして彼を翻弄する「謎の美女」役には、映画・ドラマ・舞台と数多くの作品で主演を務める実力派女優・黒木華。
日本を代表する俳優の競演で紡ぐ、妖艶なる幻想世界にご期待ください。

豪華クリエイター陣が集結!

「ボクたちはみんな大人になれなかった」の燃え殻による書き下ろし原作を、『シリーズ江戸川乱歩短編集』の奇才・佐藤佐吉が脚色、そして映画「花束みたいな恋をした」の土井裕泰の舞台初演出で贈る、今年最も注目すべき異色のコラボレーション!

あらすじ

「今、君の目の前に立っている女を私たちで共有しないか?」店先で女から渡された手紙に、そう書かれていた。
都会での生活に疲れた作家の「私」は、知り合いの芸術家の勧めで湯布院へ向かう。そこで瓜二つの2人の女性に翻弄され、徐々に現実と虚構の境がわからなくなっていき…。彼の行き着く先は楽園か、それとも…!?
 

キャスト・スタッフ プロフィールとコメント

[出演] 成田凌(なりた・りょう)
1993年11月22日生まれ、埼玉県出身。2014年フジテレビNEXT smart オリジナルドラマ「FLASHBACK」に主演し、俳優デビュー。近年の主な出演作に、【映画】「ニワトリ★スター」「ビブリア古書堂の事件手帖」「スマホを落としただけなのに」(18)、「愛がなんだ」「カツベン!」(19)、「弥生、三月 -君を愛した30年-」「糸」「窮鼠はチーズの夢を見る」(20)、「まともじゃないのは君も一緒」「くれなずめ」「竜とそばかすの姫」(21)【ドラマ】『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)、『おちょやん』(NHK)、『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』(CX)、『アリバイ崩し承ります』(EX)など。

<コメント>
脚本を読ませていただき、次の行にどんな言葉が来るのか、わくわくが止まりませんでした。
少し不気味で、美しく愛おしい、湯布院奇行という旅に没入していただきたいです。
信頼できるスタッフ、心強い共演者と共に、初の朗読劇を楽しみたいと思います。

[出演] 黒木華(くろき・はる)
1990年3月14日生まれ、大阪府出身。2010年にNODA・MAP番外公演「表に出ろいっ!」のヒロインオーディションに合格し、本格的にデビュー。主な出演作に、【映画】「小さいおうち」(14)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(16)、「日日是好日」(18)、「浅田家!」(20)、「先生、私の隣に座っていただけませんか?」(21)、【ドラマ】『重版出来!』(TBS)、『みをつくし料理帖』(NHK)、『凪のお暇』(TBS)、『イチケイのカラス』(CX)、【舞台】「書く女」(16)、「お勢登場」(17)、「ハムレット」(19)「ウェンディ&ピーターパン」(21)などがある。

<コメント>
土井監督と成田凌さんと朗読劇という形で、燃え殻さんの不思議で色気のある世界をどう広げられるのか、想像を膨らませて楽しみたいと思います。

[原作] 燃え殻(もえがら)
1973年生まれ。小説家、エッセイスト、テレビ美術制作会社企画。2017年、小説家デビュー作「ボクたちはみんな大人になれなかった」がベストセラーとなり、2021年、Netflixで映画化、全世界に配信予定。著書に「すべて忘れてしまうから」「夢に迷って、タクシーを呼んだ」「相談の森」がある。

<コメント>
宛のない物語を書いてしまったのは、去年の夏のことでした。今回のプロデューサーの佐井さんに、その物語を送ったことですべてが始まりました。素晴らしいスタッフの方々、出演者の皆さまと一緒に作品作りができることを、期待半分、恐怖(武者震いと思いたい)半分で、いまから楽しみにしております。

[脚本] 佐藤佐吉(さとう・さきち)
日本映画界において「佐藤佐吉にしか書けない」と言われる世界観を構築し、ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭最優秀脚本賞を受賞するなど、国際的な評価も⾼い脚本家であるとともに、ドラマや映画の監督としても圧倒的な存在感を放っている。近年ではNHK BSプレミアムにおける江戸川乱歩や横溝正史原作のドラマ化が大きな話題を呼んだ。
また俳優としても米映画「キル・ビル」に出演するなど、その創作活動は多岐にわたる。

<コメント>
デビュー作からファンだった燃え殻さんの原作。演出が土井裕泰監督。脚本のお話をいただいた時お断りする理由は全くなかったので即答でお引き受けしました。今までとはちょっと肌触りの違う燃え殻ワールドご堪能ください。

[演出] 土井裕泰(どい・のぶひろ)
TBSテレビコンテンツ制作局ドラマ制作部所属。『愛していると言ってくれ』『ビューティフルライフ』『GOOD LUCK!!』『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』『凪のお暇』など、数々のヒット作の演出を手がける。また「いま、会いにゆきます」「涙そうそう」「麒麟の翼~劇場版・新参者~」「映画 ビリギャル」「罪の声」(第44回日本アカデミー賞優秀監督賞受賞)など、映画監督としても⾼い評価を受けている。最新作「花束みたいな恋をした」はロングランの大ヒットを記録した。

<コメント>
「これを朗読劇にしたいのです」とある日私のPCに送られてきたファイルには“湯布院奇行”という標題が記されていて、その時抱えていたままならぬ仕事のままならなさにほとほと疲弊しきっていた私は、何かから逃れるように、縋るようにそのファイルを開き、頁をめくってしまった。そしてその日から、この不可思議な「湯布院」の物語と人間たちが私の中に棲みついてしまったのです。成田凌、黒木華という敬愛する俳優達との、この奇しき道行きがどこにたどり着くのか、「朗読劇」という新しい扉の前で立ち竦みながらも、わくわくと震えが止まらないでいるのです。

公演概要

[タイトル] 
朗読劇 「湯布院奇行」
原作 
燃え殻
脚本 
佐藤佐吉
演出 
土井裕泰

出演
私 … 成田 凌
謎の美女 … 黒木 華

[日程] 
2021年9月28日(火)~9月30日(木)
[会場] 
新国立劇場 中劇場
[チケット情報]料金 7,500円
オフィシャル抽選先行 8月11日(水)~
一般発売 9月1日(水) ※予定

[公式サイト] 
https://www.yufuinkikou.com

[製作/主催] 
TBS

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close