特徴

英国まで行かずに日本の映画館で話題の舞台を観劇三昧 『NTLive 2021アンコール夏祭り』開催が決定 | SPICE – エンタメ特化型情報メディア スパイス

『フォリーズ』
原題:Follies
上映時間: 2時間35分(休憩なし)
脚本:ジェームズ・ゴールドマン
音楽:スティーヴン・ソンドハイム
演出: ドミニク・クック
出演:イメルダ・スタウントン、トレイシー・ベネット、ジェイニー・ディー
シノプシス:1971年にブロードウェイで初演され、トニー賞最優秀楽曲賞に輝いたスティーヴン・ソンドハイム作詞作曲のミュージカル。取り壊しになるレヴュー劇場に集った往年のスターたちの姿を、現実と回想を交錯させながら描く。ドミニク・クック演出のもと、イメルダ・スタウントンやジャニー・ディー、トレイシー・ベネット、フィリップ・クワストら豪華ベテラン勢が集結。

『誰もいない国』
原題:No Man’s Land
上映時間:約150分
初演劇場:NY・コート劇場
作:ハロルド・ピンター(ノーベル文学賞受賞者)
演出:ショーン・マサイアス(『ベント』)
出演:イアン・マッケラン、パトリック・スチュワート、オーウェン・ティール(「ゲーム・オブ・スローンズ」) ダミアン・モロニー(『ハード・プロブレム』)
シノプシス:ある夏の午後、パブで飲んでいた年老いた作家ハーストとスプーナーは酒が進むにつれ会話が誇張され、事実と空想の境が分からなくなっていく。やがてパワーゲームと化した彼らのやり取りは、二人の若者の登場でより複雑になっていく――。ノーベル文学賞に輝いた劇作家ハロルド・ピンターの1975年初演作。過去の背景や現在の関係性、力関係の分からない男たちの会話劇で、“イギリスの宝”ともいうべき名優イアン・マッケランとパトリック・スチュワートが競演。超豪華な二人の演技対決は必見だ。

『リーマン・トリロジー』
原題:THE LEHMAN TRILOGY
上映時間:221分(休憩20分含む)
上演劇場:ピカデリー劇場(ロンドン)
作:ステファノ・マッシーニ 翻案:ベン・パワー
演出:サム・メンデス
主演:アダム・ゴドリー、サイモン・ラッセル・ビール、ベン・マイルズ
シノプシス:世界的な投資家リーマン一家が米国に移住した1844 年から2008年のリーマン・ショックが起こるまでの3世代にわたる栄光と衰退を描く舞台で、ナショナル・シアター上演時には完売を記録した注目作。主演の3人が約3時間にわたり、150 年以上にわたるリーマン家の歴史を演じ切る。日本公開時に大好評を得て、今年8月18日に舞台の原作小説(ステファノ・マッシーニ著、飯田亮介訳)が早川書房より出版されることに!

『フランケンシュタイン』
原題:Frankenstein
上映時間:
ベネディクト・カンバーバッチ as 博士役バージョン 2時間15分
ベネディクト・カンバーバッチ as 怪物役バージョン 2時間20分
作:メアリー・シェリー
音楽:アンダーワールド
演出:ダニー・ボイル
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、ジョニー・リー・ミラー
シノプシス:ローレンス・オリヴィエ賞で見事に主演の2人ベネディクト・カンバーバッチとジョニー・リー・ミラーが主演男優賞を同時受賞した傑作舞台。有名すぎるメアリー・シェリーの原作ですら、アカデミー賞監督ダニー・ボイルが演出すると今まで見たことのない新しい世界へと生まれ変わり、怪物の抱えた心の動きにグイグイ引き込まれること、間違い無し。

『リア王』
原題:King Lear
上映時間:約3時間50分
作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:ジョナサン・マンビィ
出演:イアン・マッケラン
シノプシス:シェイクスピアの四大悲劇の一つ。退位にあたり3人の娘の愛情を試した老王リアだったが、長女と次女に裏切られ、国を追われてしまう――。名優イアン・マッケランが圧倒的な演技力と存在感で老王リアが辿る悲しい末路を体現する。演出を手掛けるのは堤真一主演の『民衆の敵』など日本でも活躍するジョナサン・マンビィ。

『スカイライト』
原題:Skylight
上映時間:2時間42分
作:デヴィッド・ヘアー
演出:スティーヴン・ダルドリー
出演:キャリー・マリガン、ビル・ナイ
シノプシス:1997年に緒形拳&若村麻由美の共演で日本初演された、デヴィッド・ヘアー作の3人芝居。『ザ・オーディエンス』のスティーヴン・ダルドリーが演出する今回、 名優ビル・ナイと若手実力派キャリー・マリガンが不倫関係にあった元恋人同士に扮する。人気デザイナー、ボブ・クロウリーが手掛けた舞台美術にも注目だ。

『橋からの眺め』
原題:A View From The Bridge
尺:2時間14分(休憩なし)
作:アーサー・ミラー
演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ(本作で2015年ローレンス・オリヴィエ賞最優秀演出賞を受賞)
主演: マーク・ストロング
シノプシス:シシリア系の違法移民である従兄弟家族を受け入れた主人公だが、溺愛する姪がその違法移民の一人と恋に落ちたことから悲劇が起こる・・・。上演後、絶賛レビューが各紙から出たとたん、が瞬く間に売れたヒット舞台。「イミテーション・ゲーム」や「裏切りのサーカス」で印象に残るマーク・ストロングの演技力は、舞台上でも輝いている。

『シラノ・ド・ベルジュラック』
原題:Cyrano de Bergerac
上演劇場:プレイハウス・シアター
上映時間:約3時間6分(休憩約20分含む)
作:エドモン・ロスタン
脚色:マーティン・クリンプ
演出:ジェイミー・ロイド
出演:ジェームズ・マカヴォイ
シノプシス:大きな鼻のコンプレックスに悩みつつ、一人の女性を胸中で恋い慕い続けたシラノの物語は、1897年に初演されて以降、世界各地で上演が繰り返され、何度となく映画化・ミュージカル化もされている。その名作中の名作が、今回、マーティン・クリンプによって現代語訳された上演台本と気鋭の演出家ジェイミー・ロイドによるミニマルなステージングによって、装いも新たに生まれ変わった。主演は映画「X-MEN」シリーズで知られるジェームズ・マカヴォイ。2020年ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞!そのほか、主演男優賞(マカヴォイ)・助演女優賞(ミシェール・オースティン)・音響デザイン賞・演出賞にもノミネートされた。

『ハンサード』
原題:Hansard
上演劇場:英国ナショナル・シアター リトルトン劇場
上映時間:約99分(休憩なし)
作:サイモン・ウッズ
演出:サイモン・ゴッドウィン
出演:リンゼイ・ダンカン、アレックス・ジェニングス
シノプシス:保守党の政治家ロビンが妻ダイアナと30年来共有していたのどかなコッツウォルズにある家に戻ると、そこは理想的な場所から程遠い荒んだ場所へと変貌していた。妻は酔っ払い、庭はキツネに荒らされ、潜めていた秘密の事柄がそこら中から顔を出していて・・・。

『戦火の馬』
原題:War Horse
上映時間:約2時間45分
原作:マイケル・モーパーゴ
脚色:ニック・スタフォード
演出:マリアンヌ・エリオット、トム・モリス
主演:SIÔN DANIEL YOUNG
シノプシス: 主人公が幼少時から愛し育てた馬が軍馬として徴用されたことから、数奇な運命をたどることに。果たして二人は再会できるのか? スピルバーグ監督も感動!オリヴィエ賞、イヴニング・スタンダード賞、批評家サークル賞を受賞し、タイムズ紙の<10年間の最優秀劇場公演>に選ばれた、世界で大きな反響を呼んだ名舞台。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close