特徴

作家ケン・リュウ 物語は大事なものを見極める手立て|NIKKEI STYLE

バラク・オバマ元大統領やフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が熱烈な読者であることでも知られる中国のSF小説『三体』。日本でも5月末に完結編となる第3部が発売され累計47万部と大ベストセラーになっているが、この小説の英語翻訳を担当したのが、中国系アメリカ人作家のケン・リュウ氏だ。短編集『紙の動物園』など、テクノロジーや人類をテーマにしたSF小説で日本でも人気の高い彼だが、自身の短編を映画化した日本映画『Arc アーク』(6月25日公開)ではエグゼクティブプロデューサーも務めている。

『Arc アーク』の舞台は、近未来。19歳でエターニティ社に就職し、遺体を保存するプラスティネーション技術を用い、故人の在りし日の姿を留める「ボディワークス」の製作を行っているリナ。30歳で結婚した彼女は、夫が開発した「不老不死」の施術を受けて、人類初の永遠の命を得た女性になるが……。

映画『Arc アーク』の原作は、『もののあはれ ケン・リュウ短篇傑作集2』(ハヤカワ文庫)に収録されている『円弧(アーク)』。「その根幹にあるのは『永遠の猶予期間を与えられたら、私たちはどう生きるのか』という問い。現代のアンチエイジングの延長線上にある、身近な物語だと感じた」(『日経エンタテインメント!』7月号)と映画化を熱望したのは、『愚行録』(2017年)、『蜜蜂と遠雷』(19年)で映画賞を席巻した石川慶監督だ。ケン・リュウ氏は1976年、石川監督は77年生まれ。同世代の日本人監督からコンタクトを受けたとき、彼は「驚いた」という。

今回の取材はリモートで行った

「永遠の生」ではなく「永遠の若さ」についての物語

「私は、この短編を、とてもアメリカ的な物語として書いたんです。ほかの文化的背景のなかで描かれるという想像をまったくしていなかったので、すごく驚きました。そして石川監督からの言葉で、ハッとしたものが2つありました。1つは、この物語は油彩ではなく水墨画である、という言葉。彼の洞察力を感じるとともに、私のストーリーを本当に理解してくれているんだなと感じました。もう1つは、この物語は『永遠の生』についての物語ではなく『永遠の若さ』についての物語だと思う、という言葉。とても深淵な言葉だと思うと同時に、改めて物語の魂を理解してくれていると感じられ、うれしかった」

リナ(芳根京子)は遺体を保存するプラスティネーション技術を用い、故人の在りし日の姿を留める「ボディワークス」の製作を行っているが……

クレジットで目を引くのは、「原作・エグゼクティブプロデューサー」としてケン・リュウ氏の名前が記されていること。日本映画でエグゼクティブプロデューサー(製作総指揮)として原作者がクレジットされることはまれだ。

「出資をしたわけではありませんが、監督のビジョンが大変気に入ったので、ぜひ手伝いたいと思ったんです。エグゼクティブプロデューサーとして行った仕事は、改稿されるたび脚本を読んで意見を伝えること。監督と直接会ってディスカッションしたかったのですが、パンデミックのせいでかなわなかった。作業は、基本的に電子メールを介して行いました」

石川監督によると、正式な許諾を受ける前に作り上げていた脚本を英語に翻訳してケン・リュウ氏に送ったところ、長文のメールが返ってきたという。そのメールを見て想起したのは、冷静な視点で脚本を改稿してくれる「スクリプトドクター」という職業。石川監督は「彼は前向きに、こちら側に立ってくれている」と感じたそうだ。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close