特徴

広瀬すずと吉沢亮が『一度死んでみた』のミサで懺悔!その内容とは? – 映画 .

『一度死んでみた』で共演した広瀬すずと吉沢亮

広瀬すずがコメディに初挑戦した映画『一度死んでみた』(3月20日公開)で、本作に登場するデスメタルバンド「魂ズ」のライブ名“ミサ”にちなみ、チャペルでの‟大ヒット祈願ミサ”が、3月10日に青山迎賓館で開催。広瀬、吉沢亮、堤真一、浜崎慎治監督が、祈りを込めたキャンドルを手に登場し、大ヒットを祈願したあと、広瀬たちが過去の後悔や反省などの懺悔を告白した。

広瀬はミサでの牧師の説教に感銘を受けた様子で「映画でのミサは、初めてでしたが、言葉がすてきすぎて。私は劇中で、めちゃくちゃ汚い言葉が多かったので、すごい反省しました。台詞とはいえ、すいませんでした」と苦笑い。吉沢も「『未来は死んでみないとわからない』という言葉が深いと思いました」と感心しきりだった。

また、撮影で懺悔したいことについて、広瀬は共演のリリー・フランキーとのエピソードを披露。「リリーさんは大先輩なのに、お父さんみたいな存在なので、待ち時間が長い時、ひたすらちょっかいを出していました。また、地元の静岡で撮影していた時、『ハンバーグ屋さんに行きたい』ということで、駅の中みたいなところを教えてしまって。リリーさんだとバレたりして大変だったかも(苦笑)」。

【写真を見る】広瀬すずと吉沢亮の笑顔がまぶしい!

【写真を見る】広瀬すずと吉沢亮の笑顔がまぶしい!

吉沢は「自分ってこんなに体力がないんだと改めて感じました。走りながらゼーゼーやるのがリアルすぎて。ガチゼーゼー、マジゼーゼーでした。今後、身体作りを常にしておこうかと」と反省したとか。堤は「三途の川のシーンで、ダイバーの方がずっと川の中に入ってくださっていて申し訳なかった。病気になるんじゃないかと心配でした」と恐縮する。

浜崎監督は「ライブシーンで、広瀬さんがヘッドバンキングするのを通しで何十回もやってもらった。のちのち聞いたらすごい筋肉痛だったそうで。また、広瀬さんは撮影の時、髪を染めていたので、パッと見るだけで鋭い顔になり、僕はすごい責められているのかと思いました」とコメント。

全員でフォトセッション

全員でフォトセッション

広瀬は「すぐカットがかからなかった時、アドリブで『くさいんだよ!』とか言ったら、『アドリブは傷つくな』とぽろっとおっしゃってました。あ、やっちゃったかなと」と申し訳なさそうに言って、会場を笑いに包んだ。

最後に広瀬は、「親子の絆やラブストーリーが入ってたり、どの世代の方も笑って泣ける作品になっています。少しでも、日本中に笑いだったり、温かい気持ちが届いたらいいなあと。この作品が背中を押せればいいなと」と締めくくった。

『一度死んでみた』は、SoftBank「白戸家」シリーズなどのCMプランナーでクリエイティブディレクターの澤本嘉光が脚本を手掛け、au「三太郎」シリーズなどのCMディレクター、浜崎慎治が映画初監督を務めた話題作。広瀬すずが反抗期をこじらせたデスメタル女子に扮する。

取材・文/山崎 伸子

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close