特徴

EXILE NAOTO、主演作がイタリアの映画祭にて日本映画初の受賞「大変光栄」 | マイナビニュース

EXILE NAOTO主演の映画『DANCING MARY ダンシング・マリー』(2021年公開)が、イタリア・ローマで開催されたアジアン映画祭にてMost Original Film Award(最優秀オリジナル映画賞)を受賞した。

同作はSABU監督のオリジナル作で、解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリーの霊から恋人のジョニーを探してほしいと頼まれた、しがない市役所職員の研二(NAOTO)と霊能力を持つ女子高生・雪子が2人の恋を成就させるため、時空を超えて奮闘するヒューマン・コメディ。北九州、東京、そして台湾で撮影を敢行した。

6月23日までイタリア・ローマで開催されたアジアン映画祭にてMost Original Film Award(最優秀オリジナル映画賞)を受賞。アジアン映画祭は今回で第18回目を迎える映画祭となり、これまでの開催で是枝裕和監督・山下敦弘監督・深田晃司監督・三池崇史監督作など100本以上の日本映画を上映してきたが、最優秀オリジナル映画賞を受賞したのは日本映画では初となる。

例年3月に開催していた同映画祭は、劇場でのフィジカル上映にこだわり延期を重ね、ようやく6月に開催。本作は日本でも公開が2020年から延期されていた。シッチェス・カタロニア国際映画祭でワールド・プレミア上映され、ポルト国際映画祭で審査員特別賞を受賞と評価も高まり、今年、ポルトアレグレ国際ファンタスティック映画祭でも“onorable Mentions – Best Use of Cinematography for Narrative Intentions”(物語の意図を最もよく表現された撮影賞)を受賞している。

EXILE NAOTO コメント

この度、アジアン映画祭での受賞大変光栄に思います。映画というエンターテイメントがこの世の中に与える力を信じて公開に向けてスタッフ一同全力で取り組んでいきたいと思います。皆さんに観賞していただける日を心待ちにしております。

SABU監督 コメント

今回の受賞、ありがとうございます。凄く光栄です。この映画は“今をどう生きるか”と“考え方一つで未来が変わる”を脚本にした作品です。今、世界がコロナ感染で大変なことになっておりますが、本作を通してより未来へプラスにつながる“何か”を掴んで頂けたら嬉しいです。

Source Link

タグ
もっと見せる

関連記事

Close
Close