特徴

コロナ以降のハリウッド映画で最大のヒットを記録した映画とは? 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』が6月18日より日本公開 | News

LEXUS DESIGN AWARD 2021のグランプリに選ばれた「Portable Solar Distiller」。太陽光を利用して汚れた水や海水を蒸留し、きれいな飲料水をつくりだす装置は折りたたんで持ち運び可能。広げて設置した際には日差しを避けるためのコミュニティ建築の役割も果たす。

2021年4月27日、次世代を担うクリエイターに焦点を当てる国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2021」(レクサスデザインアワード2021)の最終審査会が行われ、グランプリが決定した。2013年に創設されたこのデザインコンペは、よりよい未来を形成する力をもった作品を制作するデザイナーやクリエイターを支援することによって、社会に貢献するアイデアを育むことが目的だ。

コンペにおいては、まずLEXUSが掲げる3つの基本原則「Anticipate(予見する)」「Innovate(革新をもたらす)」「Captivate(魅了する)」をいかに具現化しているかを審査基準として入賞者6組を選出。そして入賞者たちは、世界的に活躍する4名のクリエイターのメンタリングを受けながらプロトタイプの制作に取り組み、最終選考会に臨む。「LEXUS DESIGN AWARD 2021」では世界66カ国・地域から2,079点の応募があったが、その頂点に輝いたのは、デンマークを拠点に活動するデザイナー、ヘンリー・グロガウの「Portable Solar Distiller」。太陽光を活用して汚れた水から飲料水をつくりだすこの作品は、ただの製品や器具ではなく、インフラを折り畳んで持ち運ぶことを可能にしている。そのポテンシャルの高さが高く評価された。

グランプリを受賞したヘンリー・グロガウ。コペンハーゲンのデンマーク王立芸術アカデミー出身の彼は、修士課程で建築と極限環境を専攻し、さまざまな場所に遠征し現在と将来の地球規模の課題を探求した。現在はコペンハーゲンのデザイン会社GXNで建築家として働いている。

入賞者6組に贈られたトロフィーは、LEXUS DESIGN AWARD 2013 の受賞者のひとりで、現在はロンドンを拠点に世界で活躍するデザイナー吉本英樹氏がデザインしたもの。燻した木材から彫り出した本体は、秋田県の伝統工芸である川連漆器の技術を用いて仕上げられている。

LEXUS DESIGN AWARDは、一般的なデザインコンペとは違い、世界屈指のクリエイターから直接指導を受けて作品を作りあげる「メンターシップ制度」を大切にしている点が大きな特徴だ。LEXUS DESIGN AWARD 2021においては、それぞれの専門分野をもつジョー・ドーセット、マリアム・カマラ、サビーヌ・マルセリス、スプツニ子!の4名のクリエイターが、6組の入賞者を約3カ月間サポート。

もてる知識と経験を存分に共有して入賞者を鼓舞し、アイデアをプロトタイプとして具現化するまで導いている。メンタリングが入賞者たちに刺激を与え、作品の進化をもたらしていく過程、また受賞者たちの作品に込めた思いなどは公式ホームページで見ることができるので、ぜひチェックしてほしい。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close