特徴

s**t kingz・Oguri/小栗基裕、映画『孤狼の血2』ヤクザ役で役者デビュー|オリコン|北國新聞

 世界的ダンスパフォーマンスグループ・s**t kingzのOguriが、本名の“小栗基裕(おぐり・もとひろ)”として、映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)でスクリーンデビューを果たすことが明らかになった。“悪魔”の男・上林(鈴木亮平)が率いる上林組の組員であり、敵とみなしたものにはなりふり構わず襲い掛かっていく危険なヤクザ・戸倉毅役を演じる。

【場面写真】なりふり構わず拳銃をぶっ放す危険な男を熱演

 『第42回日本アカデミー賞』をはじめ数々の映画賞を総なめにした映画『孤狼の血』(2018年)の続編となる本作。物語は、前作の3年後、広島の裏社会を収めていた伝説の刑事・大上亡き後、その遺志を受け継いだ若き刑事・日岡秀一(松坂桃李)を主人公とした、原作シリーズでは描かれていない、完全オリジナルストーリーとなる。

 小栗はヤクザ役を演じるにあたり、ヤクザを取材したドキュメンタリーやYouTubeで薬物常習者の仕草を見て研究し、メイクアップアーティストとも話し合って歯をしっかり汚すなど、役作りを徹底的に行ったそう。そんな小栗の演技に白石和彌監督は、「オーディションで会った瞬間に、“きっと芝居も面白いに違いない!”って思わせてくれる何か持ってました。その目に狂いはなかったです」と大絶賛。小栗は「ダンスやってて良かった」と思える場面もあったそうで、「我ながら大きなインパクトを残せたのではないかな」と、役者デビューの手応えを語っている。

 小栗は上林組の一員としてどのように暴れまわるのか。普段の踊る姿とはまた違う“キレッキレ”な一面を見せてくれそうだ。

 小栗が属するs**tkingzは、shoji・kazuki・NOPPO・Oguriの4人組。アメリカ最大のダンスコンテスト「BODY ROCK」では、2010年、11年と連続優勝。世界各国からオファーが殺到し、これまで20ヶ国以上を訪問するなど世界的に活躍している。また、AAA、BLACK PINK、BoA、EXO、E-girls、Hey!Say!JUMP、King & Prince、Kis-My-Ft2、NCT U、Sexy Zone、SHINee、SUPER JUNIOR、関ジャニ∞、木村拓哉、ジャニーズWEST、東方神起、三浦大知など、J-POP、K-POPアーティストの振付を250曲以上手掛けており、常に日本のエンターテインメントシーンの最先端で活躍している。リーダーのshojiも昨年、本名(持田将史)で『半沢直樹』にて俳優デビュー、連続テレビ小説『エール』にも出演した。
 
■小栗基裕のコメント(全文)

 別の役でオーディションを受けていたので、戸倉役に決まったと聞いた時はうれしさと驚きで震えました。役が決まってからはヤクザに関するドキュメンタリーや、YouTubeで薬物常習者の仕草を見て、とにかく研究しました。現場では自分が想像していたよりもかなりクセの強い人間になり、クスリの影響で歯がボロボロという設定だったので、メイクさんにしっかり汚していただき、我ながら大きなインパクトを残せたのではないかな、と思います(笑)。

 撮影以外の時間も鈴木亮平さんが優しく楽しくみんなを引っ張ってくださって、同い年のマイティー(毎熊克哉)は俳優としていろいろな事を教えてくれて、上林組の皆さんとの絆がすごく深まりました。また早乙女太一さん演じる花田に投げられるシーンがあったのですが、撮影後に「軸がしっかりしてて投げ易かった」と言っていただけて、ダンスやってて良かった、と思いました。シッキンのメンバーもみんなビックリしながらも「おめでとう! すごいね! 頑張って!」と言ってもらえました。いつも照れ臭くて冷静を装ってしまうんですが内心はとてもうれしかったのを覚えています。

 前作にも増して、今作は刺激的でカッコいい作品になっています。特に日岡と上林がぶつかるシーンは現場にいながら本当に興奮しました! それと同時に、登場人物の背景一つ一つにドラマがあり、本当の正義とは何か? 悪とは何か?という重厚なテーマも兼ね備えた作品だと思いました。上林組の絆の強さとぶっ飛びっぷりを是非観て欲しいなと思っております!

s**t kingzのOguri(左)が本表・小栗基裕で役者デビュー。映画『孤狼の血 LEVEL2』(8月20日公開)上林組のヤクザとして銀幕で暴れ回る (C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

無断転載・複製を禁じます

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close