特徴

Netflix 2021年4月のオリジナル映画&独占映画 注目作品ピックアップ! | uzurea.net

映画、ドラマ、アニメなどオリジナルを含め膨大な作品が閲覧できる動画配信サービスNetflix。 当記事では2021年に公開されるNetflixオリジナル映画に絞って、注目作品をご紹介いたします。

イドリス・エルバ主演ヒューマンドラマ『コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は』や、2021年初のNetflixオリジナル日本映画となる『彼女』など期待作が目白押しです!

Netflixオリジナル映画
『コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は』(4月2日配信)

『コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は』予告編 – Netflix

『コンクリート・カウボーイ: 本当の僕は』予告編 – Netflix

『フレンチ・ラン』や『パシフィック・リム』などに出演するイドリス・エルバが主演を務めたヒューマンドラマ。

15歳の少年コールが退学処となり、疎遠になっていた父・ハープ(イドリス・エルバ)の元に引き取られることに。父は馬乗り(しかも家飼い!?)であり、まるでカウボーイのように寡黙な振る舞いを続けます。なぜ父親は自分と疎遠になることを選んだのかわからないまま、コールは一緒に馬の世話をすることになりますが…。

イドリス・エルバとNetflixといえば、しがないDJを演じたドラマ『ターン・アップ・チャーリー 〜人生アゲていこう!〜』のどこかコミカルでチャーミングな役どころが記憶にありますが、本作では寡黙な父親役を熱演。

アメリカの忘れさられた街を舞台に、父子のドラマや現代のカウボーイたちが活躍する姿を見ることのできる重厚なドラマ映画となっています。

Netflix オリジナル映画
『楽園の夜』(4月9日配信)

『楽園の夜』ティーザー予告編 – Netflix

『楽園の夜』ティーザー予告編 – Netflix

複数の登場人物で描かれるノワール映画『新しき世界(2013年)』や、キム・ダミが主演を飾り続編も制作される『The Witch/魔女(2018年)』のパク・フンジョン監督の新作がNetflixにて配信!

本作『楽園の夜』はマフィアのボスに復讐を果たした主人公と、病により余命わずかの女性との関係を描くノワール作品となっています。主人公テグを演じるのは『密偵(2016年)』のオム・テグ。病を患う女性ジェヨンを『シークレット・ジョブ(2020年)』に出演したチョン・ヨビンが務めました。

パク・フンジョンといえば、過去にはイ・ビョンホン主演のバイオレンス映画『悪魔を見た(2010年)』や、人間の欲望が渦巻く『生き残るための3つの取引(2010年)』の脚本を手掛けたことでも知られる人物。

今回の『楽園の夜』も、過去作のような血沸き肉躍る作品になっていると期待できます。すでに2020年に開催された『第77回ヴェネツィア国際映画祭』では『アウト・オブ・コンペティション(フィクション)部門』に出品されており、世界的にも注目されている作品です。

Netflix オリジナル映画
『サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~』(4月9日配信)

メリッサ・マッカーシー&オクタヴィア・スペンサー出演『サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~』予告編 – Netflix

『サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~』予告編 – Netflix

コメディからドラマまでこなす女優メリッサ・マッカーシーと、アカデミー賞受賞歴を持つ大御所オクタヴィア・スペンサーが親友役を務めたスーパーアクション映画。超能力が存在する現代を舞台に、ぱっとしない主人公・リディア(メリッサ・マッカーシー)と一般人に超能力を与える研究をするエミリーが驚異的な力を持つ犯罪者に立ち向かいます。

様々なスーパーヒーロー映画がある中で気になるのは『どうして主人公が驚異的な力を得たか?』というきっかけです。本作はエミリーの研究設備をリディアが勝手に触ってしまったことで、スーパーパワーが手に入ってしまうという、しょうもないきっかけ(笑)。

しかしそのパワーは、リディアやエミリーのビジュアルに反して圧倒的な破壊力を持っています。そのギャップがまた凄まじいです。

共演には『アントマン(2015年)』のボビー・カナヴェイルや、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年)』のポム・クレメンティフが参加! 個人的には『モンスター上司(2011年)』や『オザークへようこそ(2017年)』に出演するジェイソン・ベイトマンの役どころが気になります。今のところカニの真似しているおっさんという情報しか予告編では読み取れません……笑。

Netflix 日本独占配信映画
『ラブ&モンスターズ』(4月14日配信)

ディラン・オブライエン主演『ラブ&モンスターズ』予告編 – Netflix

ディラン・オブライエン主演『ラブ&モンスターズ』予告編 – Netflix

ストレンジャー・シングス 未知の世界(2016年)』の製作陣が生み出したSFサバイバル映画。突如襲来した未知の生命体により人類の多くが滅亡。生き残った主人公の少年ジョエルが生き別れた恋人・エイミーと再会するために危険な旅に出るストーリーです。

ジョエルの両親がモンスターに殺されてしまう暗い設定を持ちながら、全編を通してポップでユニークな展開が続く点が大きな見どころの本作。

予告編からモンスターの凶悪なビジュアルを見ることができますが、同時に過酷な状況を生き延びてきたサバイバーたちもユニークで魅力的! 『メイズ・ランナー(2014年)』シリーズに出演したディラン・オブライエンが主人公・ジョエルを演じるほか、監督は『ファイブ・ウォリアーズ(2017年)』のマイケル・マシューズが担当。脚本は『ダイバージェントNEO(2015年)』のブライアン・ダッフィールドと『ウソから始まる恋と仕事の成功術(2009年)』のマシュー・ロビンソンが手掛けており、SFサバイバルとしてはもちろん、ロードムービーとしても楽しめる作品となっています。

すでにアメリカでは2020年10月16日からVODで配信されており、日本ではNetflix独占配信となりました!

Netflixオリジナル映画
『彼女』(4月15日配信)

『彼女』予告編 – Netflix

『彼女』予告編 – Netflix

中村珍の原作漫画『羣青』を『ヴァイブレータ(2003年)』や『彼女の人生は間違いじゃない(2017年)』で知られる廣木隆一監督が実写映画化。

夫からDVを受けている篠田七恵を、『スワンズソング(2002年)』のオーディションでグランプリを勝ち取り、近年は『窮鼠はチーズの夢を見る(2006年)』にも出演したさとうほなみが熱演。対する永澤レイを『あのこは貴族(2021年)』にてもう一人の主人公を演じた水原希子が演じています。

実の父、そして夫からもDVを受け絶望する七恵と、彼女を好きなゆえに殺人を犯してしまうレイとの逃避行を描いた作品です。さとうほなみは女優業とは別に『ほな・いこか』名義として『ゲスの極み乙女』のドラムを担当していることでも知られています。

作中ではYUIの『CHE.R.RY』を歌いながら2人が車を走らせるシーンのほか、テーマ曲を細野晴臣が担当している点も話題となっている作品です。

まとめ

この他にもNetflixオリジナル以外の配信作にエル・ファニング主演の『ティーン・スピリット』や、香取慎吾と『孤狼の血』の白石監督がタッグを組んだ『凪待ち』の配信が4月1日に決定!

Netflixオリジナル作品以外にも話題作が配信されるので、合わせて今後の配信作に期待しましょう!

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close