特徴

映画『花束みたいな恋をした』 坂元裕二が描く、20代の5年間の恋 – コラム : .

※本記事は『花束みたいな恋をした』の内容に関する記述が含まれています。あらかじめご了承下さい。

『最高の離婚』『いつ恋』『カルテット』……視聴者の心に深く刺さる、坂元裕二ドラマの言葉の数々

かねてより大きな注目と期待を集めてきた映画『花束みたいな恋をした』が、いよいよ公開される。注目と期待を集めているのは他でもない。本作が、菅田将暉と有村架純という当代きっての若手俳優によるラブストーリーだからなのはもちろん、それが人気脚本家・坂元裕二による、書き下ろしのオリジナル作品であるからだ。『東京ラブストーリー』(1991)でその名が知られるようになって以降、『Mother』(2010)、『最高の離婚』(2013)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(以下『いつ恋』、2016)、『カルテット』(2017)、『anone』(2018)など、数々の名作ドラマの脚本を手掛けてきた坂元裕二が、映画でオリジナルのラブストーリーを描くのは今回が初。監督は、『カルテット』のチーフプロデューサーも務めた演出家・土井裕泰(監督作として『映画 ビリギャル』『罪の声』などの映画作品もある)が担当している。これが期待せずにいられようか。

坂元作品の大きな特徴であり魅力と言えば、やはり劇中に登場する数々の名台詞にあるのだろう。「人は、手に入ったものじゃなくて、手に入らなかったものでできてるんだもんね」(『anone』)、「泣きながらご飯食べたことある人は、生きていけます」(『カルテット』)、「私は新しいペンを買ったその日から、それが書けなくなってしまうことを想像してしまう人間です」、「恋人には2種類あるんだよ。好きで付き合ってる人たちと、別れ方がわかんなくて付き合ってる人たち」(『いつ恋』)、「女は好きになると許す。男は好きになると許さなくなる」(『最高の離婚』)など、ある種「箴言」のような響きをもって、視聴者の心の奥底に深々と刺さってくる言葉の数々。けれども、「20代前半」という坂元作品ではかなり若い主人公であること、その2人の関係に焦点を絞った話であることも関係しているのだろう、本作『花束みたいな恋をした』は、彼がこれまで手掛けてきた連続ドラマとは、少々趣きの異なる作品になっているのだった。

東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが──。猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く。
©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会” class=”zoom”/>
『花束みたいな恋をした』あらすじ:
東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会った大学生の山音麦(菅田将暉)と八谷絹(有村架純)。好きな音楽や映画が嘘みたいに一緒で、あっという間に恋に落ちた麦と絹は、大学を卒業してフリーターをしながら同棲を始める。拾った猫に二人で名前をつけて、渋谷パルコが閉店してもスマスマが最終回を迎えても、日々の現状維持を目標に二人は就職活動を続けるが──。猛スピードで加速する恋の忘れられない〈最高の5年間〉を描く。
©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

連ドラと映画の違い。脚本は、主人公2人の5年分の日記を書き上げてから作られた

「ラブストーリーがやりたいんですよ」という、ふとした機会に菅田が坂元にこぼしたひと言がキャスティングのきっかけになったという本作。しかし坂元は、そもそも映画の脚本を書くことに、これまであまり乗り気ではなかったそうだ。

各話ごとに「答え」ではなく「問題」を出し続ける連続ドラマと違って、「映画は2時間後に必ず結論がやってくるじゃないですか。それが嫌なんです」(本作プレス資料インタビューより)。結論に向かって進んでいく物語は、書いていて楽しくないというのだ。そこで彼が試してみたのが、主人公2人の5年分の日記を書くことだったという。菅田が演じる「山音麦」と有村が演じる「八谷絹」、それぞれの5年分の日記。結果的に、それをもとに脚本を書き始めることになった理由を、彼は同インタビューで次のように語っている。「魅力的な登場人物がいて、時間さえ前に進んでいれば、お話がなくても面白くなるし、あらすじを消化するものにはならないと思ったんです」。何か特別な「過去」があるわけでも、特殊な「能力」があるわけでもない。ごく「普通」の大学生が、偶然出会って、他愛ない話を延々としながら惹かれ合い、交際、同棲し……やがて別々の道を歩むことを決めるまでの5年間。それが本作『花束みたいな恋をした』の物語なのだ。

『花束みたいな恋をした』©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
『花束みたいな恋をした』©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

『花束みたいな恋をした』©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会
『花束みたいな恋をした』©2021『花束みたいな恋をした』製作委員会

その母体となる「日記」をよりリアルなものにするため、彼は実在する人物を徹底的に観察したという。「あまりよく知らない人のインスタと、友だちの友だちに関する又聞き、ほぼその2名ですね」。そして、その「観察」をもとに5年間の固有名詞を徹底的に洗い出し、詳細な「年表」を作成して脚本に反映した。結果的に、この映画には、これまでの坂元作品とは打って変わって……否、昨今の日本映画を見渡しても他に例を見ないほど、おびただしい数の固有名詞が、その台詞の中に登場することになるのだった。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close