特徴

BTS(防弾少年団)、日本シングル「Lights」MV再生回数が1億回を突破…日本語の曲では通算3本目を記録 – Kstyle

写真=Big HitエンターテインメントBTS(防弾少年団)の「Lights」のミュージックビデオが1億回再生を達成した。

YouTube再生回数が1月11日13時44分に1億回を超えた。これで、日本語で歌ったBTSのミュージックビデオで3本目の1億再生越えとなった。

BTSの「Lights」は、BTSの日本語作品として初めて100万枚出荷を達成したシングル「Lights / Boy With Luv」(2019年7月3日発売)収録曲で、2020年7月にリリースされた日本4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7 ~THE JOURNEY~」にも収録されている。

「Lights」は日本オリジナル楽曲で、これまで自分自身と向き合い様々な思いの中で成長を続けてきた彼らだからこそ描くことのできる“僕らはいつでも音で繋がることができる、そして目を閉じればいつも互いの光を見ることができる”という希望のメッセージが込められた珠玉のナンバー。日本オリジナル楽曲としては約4年ぶりにミュージックビデオが制作され、映画館や駐車場などのセットを使って演技をするメンバーの表情が目を引く内容となっている。

BTSが日本語で歌う1億超えミュージックビデオは「Lights」「Airplane pt.2 -Japanese ver.-」「Stay Gold」の3作品がある。

韓国作品を合わせると、11億回の「DNA」、10億回の「Boy With Luv(Feat. Halsey)」、8億回の「FAKE LOVE」「MIC Drop」リミックス、「IDOL」、7億回の「Dynamite」、6億回の「FIRE」「血、汗、涙」「DOPE」、5億回の「Save ME」、4億回の「Not Today」、3億回の「Boy In Luv」「Spring Day」「ON」のキネティックマニフェストフィルム、2億回の「War of Hormone」「I NEED U」「ON」「Black Swan」「Life Goes On」、1億回の「Danger」「Just One Day」「We are bulletproof PT.2」「RUN」「Serendipity」「Singularity」「No More Dream」「IDOL(Feat. Nicki Minaj)」「Dynamite」B-sideなど、合計31作品の1億再生越えビデオを保有している。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close