特徴

狩野英孝が一般女性と再婚へ 40代前に決意 – 結婚・熱愛 : 日刊スポーツ

狩野英孝(2019年4月7日撮影)

お笑いタレント狩野英孝(38)が、交際3年半となる一般女性と近く再婚する決意を固めたことが12月31日、分かった。

関係者は「交際が3年超におよぶこと、相手の年齢が30代になったことで再婚を決意したようです。相手の愛知県の実家や、宮城県の狩野の母親のところにも行って、互いを紹介済みと聞いています」と話している。

2人は17年に知人を通して知り合い、交際開始したとされる。18年7月には写真誌にショッピングデートを報じられて、熱愛が明らかになった。その後も一緒に格闘技観戦する様子などが報じられている。

狩野の母親の千代子さんは、日刊スポーツの取材に「交際は知っているけど、結婚の報告は、まだ。私は、ずーっと待っているんですけどね」と話した。

狩野は12年2月に3歳年上の一般女性と結婚したが、14年9月に離婚。17年には女性問題で約4カ月謹慎したこともある。その後、今回の相手との出会いがあった。

狩野はお笑い芸人の他にミュージシャン50TA(フィフティーエー)としても活動。コロナ禍の20年はユーチューバーとしてもブレークした。YouTubeチャンネルは約66万人の登録で、ゲーム実況や歌ってみたシリーズで人気になった。40代を前にして、再び身を固めることを決意した。

狩野の実家は6世紀初頭から続く、宮城県栗原市の櫻田山神社。12年に父親が亡くなった後、後を継ぐために14年「神職養成講習会」を受講して、神社本庁の神職の資格を取得。タレントの仕事をこなしながら神主を務めている。

◆狩野英孝(かのう・えいこう)1982年(昭57)2月22日、宮城県生まれ。高校卒業後に俳優を目指して上京。03年に日本映画学校を卒業して芸人デビュー。08年に勘違いイケメンキャラや「ラーメン、つけメン、僕イケメン」ネタなどでブレーク。レギュラーはBSフジ「東北魂」など。175センチ。血液型A。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close