特徴

深川麻衣 高良健吾ら、美しさと優しさが溢れ出す『おもいで写眞』場面写真一挙解禁 | ドワンゴジェイピーnews – 最新の芸能ニュースぞくぞく!

主演:深川麻衣、熊澤尚人監督オリジナル脚本で描く感動作『おもいで写眞』が、2021年1月29日(金)に全国公開される。本作は、熊澤尚人監督が「人が生きる豊かさと年を重ねる美しさ」を繊細に紡いだ小説『おもいで写眞』(幻冬舎文庫)の映画化となる。主演は『パンとバスと2度目のハツコイ』で、第10回TAMA映画賞最優秀新進女優賞を受賞し、その後も『愛がなんだ』『空母いぶき』など話題作への出演が続く深川麻衣。嘘にまつわる切ない記憶から、不器用なほど真っすぐに生きてきた結子を、透明感あふれる強い眼差しで演じた。

さらに、高良健吾、香里奈、井浦新ら実力派に、吉行和子、古谷一行と日本映画の歴史を作ってきた名優たちが、物語に自身の歩んできた道のりの深みを与えた。監督は、『おと・な・り』『君に届け』『ユリゴコロ』の熊澤尚人。人間の心の機微をすくい取り高く評価されてきた手腕で、今の時代にこそ必要な世代を超えた人と人との触れ合いをオリジナル脚本で描く。さらに主題歌には、注目の実力派アーティスト、安田レイの『amber』。〈おもいで写真〉を通じてお年寄りたちの日々を次第に輝かせていくという希望の物語を力強い歌声で支える。

また、本作は、主演の深川麻衣所属の芸能プロダクション・株式会社テンカラットの25周年企画となる。数々の俳優、女優を輩出し映画に寄り添ってきたテンカラットが、設立25周年となる節目に、先輩たちからの学びや、自身の振り返り、そして成長というメッセージを込め、熊澤尚人監督とタッグを組み、本作の制作を企画した。

この度、人と人との触れ合いの美しさと優しさが溢れ出す場面写真が一挙解禁となった。東京での仕事をクビになり、大切な祖母が亡くなったことをきっかけに故郷へ戻る結子(深川麻衣)は幼馴染の星野(高良健吾)からお年寄り向けに「遺影」撮影の仕事を頼まれることに。最初は縁起が悪いと敬遠されるが、和子(吉行和子)との出会いをきっかけに、それぞれの思い出溢れる場所で写真を撮る「おもいで写真」を撮り始める。本作は、今の時代だからこそ必要とされる人と人との触れ合いの大切さ、そして人生はどんな瞬間からでも輝き出すという希望のメッセージが込められた感動作だ。


今回解禁となった場面写真は、和子(吉行和子)が結子(深川麻衣)にリンゴをおすそ分けする微笑ましい姿、足の悪い柏葉(古谷一行)に寄り添う結子の姿、そして、「おもいで写真」を嬉しそうに眺め、楽しかった記憶を思い巡らせる和子とお年寄りたちの姿を優しく捉えた写真。また、結子を気にかける幼馴染、星野の優しさに満ち溢れる笑顔の写真に、結子に多くの気づきを与えてくれるソーシャルワーカーの美咲(香里奈)の写真など、温かみある住人たちの姿を写し出している。

素晴らしい思い出とともに人生が眩しく輝き出す〈おもいで写真〉。故郷に帰ったことをきっかけに、様々な人生の奥深さに触れ、何でもなかった日常が輝く出し多くのことを学んでいく結子と、忘れていた素晴らしい思い出と再会し、笑顔とパワーを取り戻すお年寄りたちの心温まる感動の物語に是非ご期待いただきたい。

■映画『おもいで写眞』

2021年1月29日(金)全国公開
出演:深川麻衣 高良健吾 香里奈 井浦新 古谷一行 / 吉行和子
配給:イオンエンターテイメント

(C)「おもいで写眞」製作委員会

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close