特徴

映画『ミセス・ノイズィ』 視点を変えると見えてくる、別の「真実」 – コラム : .

※本記事は『ミセス・ノイズィ』のネタバレを含む内容となっております。あらかじめご了承下さい。

布団を叩く音への苦情が発端。隣人トラブルが、2つの家族とネットユーザーやメディアを巻き込んだ大騒動に

かつて週刊誌やワイドショーなどで連日取り上げられていた「騒音おばさん」。布団を叩き、ラジカセで音楽を鳴らすなど、大きな音を出して隣人に聴かせることで騒動となった「ご近所トラブル」は、当時訴訟に発展し、さらには刑事事件にまでなった。この実際の出来事に着想を得て、オリジナルストーリーで描いた映画が、『ミセス・ノイズィ』である。

『共喰い』(2013年)の篠原ゆき子が演じる、36歳の小説家・吉岡真紀が本作の主人公だ。真紀は最初の作品が大きく評価されて華々しく作家デビューを果たし、いくつかの小説を発表していた著名な存在だが、近頃はあまり作品の評判が芳しくない。夫と幼い一人娘とともに心機一転、集合住宅へと引っ越してきた真紀は、執筆に専念しようとするも、子育てに追われて仕事に集中できなかったり、担当編集者にもダメを出され続け、焦りとイライラがつのっている。そんな日々のなかで、真紀は隣の部屋の住人で、夫と二人で暮らしている52歳の女性・若田美和子の行動に不信感を抱き始める。美和子を演じているのは、舞台俳優で2013年から映画やテレビドラマに進出している大高洋子だ。

『ミセス・ノイズィ』は『第32回東京国際映画祭』日本映画スプラッシュ部門でワールドプレミア上映された。12月4日からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開中 © 「ミセス・ノイズィ」製作委員会

美和子は断りもなしに真紀の娘を連れ出して遊ばせたり、早朝に布団をばたばたと叩くような、奇妙な行動を繰り返しているのだ。ストレスがたまっていた真紀は、「いい加減にやめてもらえませんか」と、注意してしまう。その言い方にカチンときた美和子は、生活音がうるさいのならと、ラジカセを持ってきて大音量で音楽を流しながら、また布団を叩き始める。布団を叩く音を音楽で打ち消したんだからいいだろうという主張だ。売り言葉に買い言葉で、隣り合った部屋の女性二人による、ベランダの仕切りを挟んだ罵り合いはヒートアップしていく。

『ミセス・ノイズィ』 © 「ミセス・ノイズィ」製作委員会
『ミセス・ノイズィ』 © 「ミセス・ノイズィ」製作委員会

これが、本作『ミセス・ノイズィ』で起きる一連の騒動の発端だ。ここでの二人のバトルは、滑稽で面白おかしいものに感じられる。それを裏付けるように、このご近所トラブルを面白がって撮影した映像が動画サイトで話題となり、大勢のネットユーザーを楽しませることになる。また同時に、真紀は美和子への反撃としてこの出来事を新作小説のネタとして利用し、「あくまでフィクション」だと断りながらも、隣人を作品のなかで悪し様に描いていく。

その小説に登場する隣人のキャラクターが美和子をモデルにしていることは、動画サイトの映像とあわせて楽しまれることで公然の事実とされ、そのスキャンダルな内容も含め小説は大人気に。かくして真紀は、ふたたび売れっ子作家に舞い戻ることができたのだ。

真紀の娘・菜子(新津ちせ)は、真紀の意に反して美和子やその夫に懐く © 「ミセス・ノイズィ」製作委員会
真紀の娘・菜子(新津ちせ)は、真紀の意に反して美和子やその夫に懐く © 「ミセス・ノイズィ」製作委員会

だが、これで一件落着なのだろうか……。この騒動によって大勢の人間が楽しみ、小説の掲載誌は売れ、メディアは注目のネタが手に入って大満足である。しかし、美和子はこの騒動の中心にありながら、何の報酬も得ていないばかりか、頭のおかしな人物として笑い者にされ、映像や小説のなかで中傷され続けるのである。果たして、彼女はそこまでの目に遭う筋合いがあったのだろうか。本人や夫の身になって考えると、あまりにも酷な仕打ちではないか。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close