特徴

ナム・ジュヒョク&ハン・ジミン出演、日本映画のリメイク作「ジョゼ」映像クリップ3種を公開 – Kstyle

写真=WARNER BROTHERS KOREA映画「ジョゼ」が、本編クリップ映像3種類を初公開した。

「ジョゼ」は、初めて出会った日から忘れられない名前を持つ「ジョゼ」(ハン・ジミン)とヨンソク(ナム・ジュヒョク)が一緒に過ごす最も輝かしい瞬間を描いた映画だ。

今回公開された本編クリップ映像3種類は、みんなが共感できる愛の過程を繊細に描き、深い余韻を醸し出している。まず「ジョゼの始まり」は、特別な名前がゆえに他人とは異なる生き方をしてきたジョゼと、他人と変わらない普通の生き方をしてきたヨンソクの忘れられない初対面で目を引く。特にジョゼとの忘れられない印象的な初対面を振り返るヨンソクのナレーションが加わり、おぼろげな余韻を伝える。

続いて「ジョゼの記憶」では、ジョゼの世界を知っていくヨンソクと、初めて感じる感情にときめきを感じるジョゼの姿で、愛を経験した人なら誰でもがうなずくことができる共感を与える。

最後に「ジョゼの世界」は、本の匂いが染み付いた古本屋、ジョゼだけの感性がたっぷり詰まっている家など、アナログ感性を刺激し、思い出を蘇らせる。そこに落ち葉が無数に落ちる秋から、桜の花が舞い散る春まで、季節によって変化する美しい風光は、「ジョゼ」だけの感覚的な映像と繊細なプロダクションに対する期待を高める。このように本編クリップ映像3種類を公開して映画の期待感を高める「ジョゼ」は、単純な恋物語以上の余韻で観客たちの心を掴むものとみられる。

映画「最悪の一日」「ザ・テーブル」などを演出したキム・ジョングァン監督の作品で、誰でも共感できるラブストーリーに、ハン・ジミンとナム・ジュヒョクの深い感情演技が加わり、今冬忘れられない特別な感性を届ける「ジョゼ」は、韓国で今月10日に公開される予定だ。

元記事配信日時 : 2020年12月08日08時22分
記者 : ソン・ミギョン

Source Link

もっと見せる

関連記事

Close
Close