映画

井上真央主演『大コメ騒動』おかかたちの苦悩映し出す予告公開、主題歌は米米CLUB | .

井上真央主演、102年前に富山で起こった米騒動の史実に基づき、そこで活躍した女性たちにスポットを当てて描く映画『大コメ騒動』。この度、本作の本予告映像が公開、主題歌は「米米CLUB」の書き下ろし楽曲「愛を米て」に決定したことも分かった。

>>『大コメ騒動』あらすじ&キャストはこちらから

予告編では、コメの価格高騰に頭を悩ませるおかかたちの一方で、「女が動いたところで変わらんがやちゃ」とあしらうかのような男性のセリフが登場し、当時の様子が色濃く表されている。それでもめげずに米の積み出し阻止に立ち上がるおかかたち。約60キロもある米俵を必死の形相で担ぎ運び、出稼ぎに旅立つ夫を涙をこらえて見送ると、米屋に土下座する姿も映し出され、「毎日生きていくだけで精一杯」という言葉の通り、家族のために懸命に生きる姿が描かれている。


そして今回主題歌を担当するのは、今年デビュー35周年を迎えた「米米CLUB」。本作のために書き下ろした「愛を米て」は、2021年1月6日(水)にCDリリースされる。

オファーをふり返りカールスモーキー石井は「最初、コメディみたいな感じで、『そこにも“コメ”が入ってるな』と盛り上がり、面白い映画なのかなと思っていたんですけど、脚本を読むと、それだけじゃないなって。実を言うと、米米CLUBが全員でこーでもない、あーでもないって集まって曲を作ることって意外と少ないんですよ。最初からこの歌はみんなで作りたかったんですよね」と言い、BONは「スタジオに入って、石井がギターを弾いて、『こんなメロディでこんな感じかなぁ』って。『何となくこんなベース弾いてよ』『じゃぁ何となくね』とみんなでセッションしながら作りました」と制作を明かす。

また石井さんは「女性の持っている強さみたいなものをすごく感じる映画だと思いますし、女性にはもちろん観てほしいですけど、男性も観た方がいいです」と勧め、BONさんも「最初から最後まで楽しめる。すごく元気もらえるので、ぜひ、観に来てください!」と本作をアピールした。

『大コメ騒動』(C)2021「大コメ騒動」製作委員会
『大コメ騒動』は2021年1月8日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国にて公開。
※1月1日より富山県で先行公開

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close