映画

Snow Manラウール&吉川愛共演、少女漫画原作『ハニーレモンソーダ』公開 | .

「Snow Man」ラウールの映画単独初主演作『ハニーレモンソーダ』の公開が決定。ヒロイン役には吉川愛が決定した。

中学時代「石」と呼ばれていじめられていた自分を変えるため、自由な高校に入学した石森羽花。そこで出会ったのはレモン色の髪をした三浦界。実は彼こそが、その高校を選んだ理由だった。みんなの人気者で、自由奔放で、何を考えているか分からない塩対応の界だが、なぜか自らを「石森係」と呼び、世話を焼いてくれるという不思議な関係に。そんな界にどんどん惹かれていく羽花。そして、界もまた羽花のひたむきさに、初めての感情が芽生えていた。2人の距離はどんどん縮まっていくが、実は界には誰も知らない秘密が…。

原作は「りぼん」(集英社)にて連載中、累計発行部数400万部突破の「ハニーレモンソーダ」(村田真優)。これを、『ピーチガール』『honey』の神徳幸治が監督し、『PとJK』『私がモテてどうすんだ』の脚本家・吉川菜美とタッグ。胸キュンだけにとどまらない、青春の甘酸っぱさや葛藤も感じられる、さわやかな作品に仕上げる。

アイドルとして活躍するラウールさんが演じるのは、髪をレモン色の金髪に染め、基本的には塩対応だが実は誰よりも優しい、“レモンソーダ男子”三浦界。また、新人看護師役を務めた「恋はつづくよどこまでも」や、『ホットギミック ガールミーツボーイ』『のぼる小寺さん』などに出演する吉川さんが、いじめられていた過去があるが、界に出会って少しずつ積極的に変わっていく石森羽花を演じる。

本作の出演にとにかくびっくりしたというラウールさんは「すごく嬉しい反面、こんなに女の子をドキドキさせる役を僕が演じられるのかという心配がありましたが、原作を読ませていただき、界くんの人物を知り、すごく撮影が楽しみになりました」と心境を明かす。

また、今回初めて少女マンガを読んだそうだが「なぜか僕も界くんにキュンキュンしてしまうくらい(笑)、すごく大好きな作品になりました」と原作の感想を語り、「ハッピーな気持ちになり、トキメキも与えてくれる素晴らしいマンガなので、界くんを演じられる嬉しさを感じながら、僕なりに全力で頑張ります。楽しみにしていてください!」とコメントしている。

「ハニーレモンソーダ」(c)村田真優/集英社
一方、以前から原作を読んでいたという吉川さんは「その時は、まさか私が羽花ちゃんを演じさせてもらえるとは思ってもいませんでした。羽花ちゃんは大好きなキャラクターです」と話し、「普段の私とは正反対な羽花ちゃんですが、私なりに一生懸命演じたいと思います!台本を読んで今から撮影がとても楽しみです!早く皆さんに観て頂けるように、これから撮影を頑張りたいと思います」と意気込んでいる。

「ハニーレモンソーダ」(c)村田真優/集英社
『ハニーレモンソーダ』は2021年夏、全国にて公開予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close