映画

亀梨和也&奈緒、恐怖体験を披露…『事故物件 恐い間取り』 | .

来週8月28日(金)、いよいよ公開を迎える映画『事故物件 恐い間取り』の公開直前納涼怪談イベントが本日19日(水)、品川フィッシングガーデンにて行われ、出演者の亀梨和也と奈緒が登壇した。

>>『事故物件 恐い間取り』あらすじ&キャストはこちらから

夏らしい浴衣姿で登場した、売れない芸人・山野ヤマメを演じた亀梨さんと、ヤマメを密かに応援するメイクアシスタント・梓を演じた奈緒さん。通常は釣り堀として利用されている会場にかけて、登壇キャストが足元に置かれた釣竿を引き、怪談トークテーマを釣るコーナーでは、“背筋の凍る恐怖体験”を釣り上げた亀梨さんが、「先日、奈緒さんとタニシさんが野球の生放送のゲストで来ていただいた時の出来事だったんですが、その時もスタッフさんの車がパンクしました…」と衝撃のエピソードを披露。

さらに「普段から使っているアクセサリー入れがあって、いろいろな方達と撮った写真をそこに飾っているのですが、それが急に落ちてきました…。タニシさんとは仲良くしていただいているんですが、お会いするのは4年に1度くらいのペースでいいかなと思います。(笑)」と話すと、同じくこの日登壇していた原作者・松原タニシは「僕の周りでも…いい感じになった女の子とハイキングに行ったんですが、20メートルくらいの木がその女の子に倒れてきたんですよ」と周囲の恐怖体験を明かした。

一方、奈緒さんが釣り上げたのは“身近で起きた恐怖体験”。古い家具が好きだという母親に起きたことについて「フリマアプリでとある時計を購入した時に、“壊れているので使えません。オブジェとしてご利用ください”って書いてあったのに、うちに届いたら動き出したんです」とエピソードを披露。

さらに、動いたことを報告したそうで「その方が急に泣き出して、実はその女性のお父様が最近亡くなられて、そのお父様がいつも骨董品を買いに行かれていたので、“父が御礼に上がったんだと思います”と言ってくださったんです。今でもその時計を大事にしているんですが、一度止まっていたのに、お盆に入ってカチカチとまた動きだしたんです…」と話し、このエピソードには松原さんも大絶賛していた。

『事故物件 恐い間取り』(C)2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会
またもう一本残ったリールを亀梨さんが釣り上げると、「※背後に注意※」という文字。キャストも戸惑う中、白装束に包まれた「よゐこ」がサプライズ登場。本作に出演している有野晋哉は「恐怖体験ありますよ! 撮影の日、照明さんがバタバタしてて、切れないはずの照明が切れて、撮影自体が押したんですね。で、クランクアップで場をなごますつもりで、“この役でブルーリボン賞狙います!”って話したら、亀梨くんが“ブルーリボン賞はそんな簡単なものじゃない!”って言ったんですよ。怖かったですね(笑)」と暴露した。

『事故物件 恐い間取り』は8月28日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close