映画

永瀬廉&伊藤健太郎&坂東龍汰『弱虫ペダル』仲良しオフショット映像 | .

verajohn-casino-get-30usd-bonus-coupon

「King & Prince」永瀬廉が主演し、累計2500万部突破の大人気スポーツ青春漫画を初めて実写映画化する『弱虫ペダル』。この度、過酷な撮影の合間で見せるキャストたちのリラックスした様子が映し出される、撮影中のオフショット映像と写真が公開された。

>>『弱虫ペダル』あらすじ&キャストはこちらから

到着した映像では、鳴子役の坂東龍汰がカメラを構え、「いいねいいね!」と、坂道役の永瀬さんと新人エース・今泉役の伊藤健太郎を撮影する休憩中の様子から始まる。この日は、珍しく自転車での走行シーンがなく、さらに1年生全員が揃っていたこともあり、かなりリラックスした雰囲気。

特に坂東さんは、カメラの回っていないところでも元気。メイキングカメラを異常に意識したり、自らスタッフのカメラで撮影したりと、そのはしゃぎぶりからは“鳴子劇場”と言われていたほど。

verajohn-casino-get-30usd-bonus-coupon

さらに、走行シーンの撮影の合間には、永瀬さんの足元で暖を取る坂東さんの姿も映し出される。そして、一人離れたところにいる伊藤さんを見て「いじけちゃったよ」といじり、すかさず永瀬さんがツッコミを入れるなど、1年生トリオの仲良しな一幕が切り取られている。


また、“坂東カメラ”で撮影した竜星涼、柳俊太郎、菅原健の写真も到着。

早朝から日没までの限られた撮影時間の中で、夕焼けをバックに3年生たちを撮影するも、先輩たちからはやや不評の様子。しかし、撮影の様子は部活の合宿のように和気あいあいとしていたという。

『弱虫ペダル』は8月14日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

casino-x-get-30usd-bonus-coupon
もっと見せる

関連記事

Close
Close