映画

『えんとつ町のプペル』映画本編全てを読み聞かせ、クラウドファンディング企画にて | .

製作総指揮・原作・脚本を務める「キングコング」西野亮廣が、『映画 えんとつ町のプペル』の映画完成前に、映画本編全てを読み聞かせるオンラインイベントが開催されることが分かった。

>>『映画 えんとつ町のプペル』あらすじ&キャストはこちらから

現在、「日本中の子ども達に映画をプレゼントしたい!」という思いからクラウドファンディング企画が進行中。本作の前売券を全国各地にある子どもに関連する団体へプレゼントできるもので、第1弾では13,319人のサポーターから、3200万円の支援金が集まった(2月26日~4月26日)。

そして今回、クラウドファンディング企画第2弾が始動。そのリターンとして、本編完成前に全物語を大公開。西野さんが、絵本と違う映画オリジナルの物語を、映画完成前に全て解禁。自宅の寝室からオンラインで読み聞かせる。

今回の企画について西野さんは「多くの表現者は、いわゆる『ネタバレ』というものを嫌いますが、『えんとつ町のプペル』という作品は、絵本にしても、個展にしても、ミュージカルにしても、お客さんと一緒に作って、お客さんと一緒に育ってきた背景があります。そんな中、『映画 えんとつ町のプペル』だけ『完成をお楽しみに』としてしまうのは、一本筋が通っていないなぁと思いまして、『ストーリーを先に知りたい人』は知れる環境をご用意させていただきました」と説明している。

さらに、5月29日からサイン入りシナリオ本がペアチケットとセットでリターンとして登場する。

<企画概要>
「キンコン西野が映画のストーリーを自宅寝室からオンライン配信で全て喋る会」
日時:6月20日(土)19:00~20:30頃を予定(90分程度)
参加方法:クラウドファンディングページの『映画 えんとつ町のプペル』を全国の子供たちにプレゼントしたい」にアクセスし、支援された方へリターンとして限定配信。
料金:クラウドファンディング支援として、1,800円(税込)。収益は全て全国の子どもたちへ寄付(映画前売り券をプレゼント)。

『映画 えんとつ町のプペル』は12月、全国にて公開予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close