映画

実写版シリーズ最終章へ…佐藤健主演『るろうに剣心』を楽しむためにおさえておきたい5つのこと | .

マンガ大国・日本。この国において「マンガの実写化」には、高いハードルがつきものだ。反発に拒絶、原作の人気が高いが故に生じる“摩擦”――。しかし、それらの逆境を軽々と飛び越えて、高評価&大ヒット&シリーズ化を記録した伝説の作品がある。シリーズ国内興行収入120億円を超える、実写版『るろうに剣心』だ。

原作マンガ「るろうに剣心 明治剣客浪漫譚」は、1994年から1999年にかけて「週刊少年ジャンプ」にて連載。終了後にも全く人気が衰えず、2012年に実写版『るろうに剣心』が公開。2014年には実写版第2・3作が連続公開された。遂に2020年、最新作にして完結編『るろうに剣心 最終章 The Final』(第4作)と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(第5作)が公開される(7月3日、8月7日予定)。全部で5作品と、国内の漫画実写映画シリーズとしては異例の本数になった。

なぜ実写版『るろうに剣心』は、ここまで支持されているのか? 本稿では、圧倒的な「面白さ」と「クオリティ」を構成する要素を、5つに分けて紹介したい。

1. 時代劇の美学に、現代劇的エッセンスが融合

まずお伝えしたいのは、『るろうに剣心』という作品自体の設定の面白さ。本作の構造は、史実に基づいた時代劇に、独自のストーリーや現代的エッセンスを組み合わせた「ネオ時代劇」といえる。時代劇の“風格”を纏いながらも、見やすくカッコよく、現代風にアレンジされているのだ。

幕末の動乱が収まり、“新時代”が幕を開けた明治の世。かつて「伝説の人斬り」と恐れられるも、己の行いを悔い、今は「不殺」に生きる“流浪人”、緋村剣心。時代が変わっても、悪は消えない。誰もが安心して暮らせる平和のために――。剣心は“人を斬れない刀”逆刃刀を振るい続ける。

このあらすじを見てわかるとおり、『るろうに剣心』は王道の「ヒーローもの」でもある。『アイアンマン』が過去の贖罪の念からヒーローとなり、『ダークナイト』でバットマンが正義のために犯罪者と化すように、「暗い“影”を抱えたヒーロー」という設定は共感性が高く、鉄板中の鉄板だ(『るろうに剣心』の原作自体、アメコミの影響を強く受けている)。

ちなみに『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、剣心の“過去”がこれまで以上に踏み込んで描かれる予定。シリーズ屈指のエモーショナルなドラマが期待できる。

また、東洋に西洋の文化が流入した時代設定は、大ヒットマンガ『鬼滅の刃』にも受け継がれているといえ、人気が高い。ドラマチックな舞台、キャラクター、ストーリーが大きな特長だ。

2. 原作者が熱望! 主演・佐藤健のハマりぶり

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』(C)和月伸宏/集英社 (C)2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
原作者の和月伸宏が主人公・剣心役に希望したという佐藤健は、まさに「完璧」な配役。狂気の人斬りと穏やかな流浪人の二面性、人知を超えた高速アクションなど、「心」と「身」の全てで剣心を体現している。原作の完結から実写映画化までの十余年は、佐藤さんに出会うまでの必要な時間だった――。そう言っても過言ではないほどのハマりぶりだ。

実写化第1作『るろうに剣心』では、人斬り時代の剣心=抜刀斎を垣間見られるが、猫背で痙攣したような異常な動き、獣のような獰猛さなど、剣心とは佇まいや居方から完全に別人。本作での主役抜擢は、佐藤さんが大河ドラマ「龍馬伝」で悲劇の人斬りを演じた際の熱演が決め手となったそうだが、さらに進化した姿を堪能できる。

実写版では、剣心の口癖である「おろ?」も完全再現。戦闘時とは真逆の、ハートが撃ち抜かれるような可愛らしさを振りまいている。

そして、なんといっても超絶アクション。佐藤さんが自ら実践したハイスピードの殺陣は、「カメラでも追えない」レベルだったという。テレビドラマ「恋はつづくよどこまでも」でますます人気絶頂の佐藤さんによる、一世一代のパフォーマンスに圧倒されることだろう。

3. どのキャラも再現度が異常! 完璧なキャスティング

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』 (C) 和月伸宏/集英社  (C) 2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
剣心を取り巻くキャラクターも、納得の配役だ。ヒロインの神谷薫には武井咲、相棒の相楽左之助は青木崇高、女医の高荷恵は蒼井優。剣心を支え、“闇堕ち”しないようにつなぎ止める重要なポジションを務めている。

そして、行く手を阻む強敵も実に豪華。江口洋介が剣心の終生のライバルで、元新選組の斎藤一をクールに演じる。さらに、『るろうに剣心』ではエキセントリックな武器商人・武田観柳を香川照之、壮絶な運命を背負った忍(しのび)・外印を綾野剛が熱演。

第2作『るろうに剣心 京都大火編』、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』では、高速移動術「縮地」の使い手・瀬田宗次郎を神木隆之介、剣心の後を継いだ人斬りで、最凶のテロリスト・志々雄真実を藤原竜也、隠密御庭番衆の頭領・四乃森蒼紫を伊勢谷友介、剣心の師匠・比古清十郎を福山雅治が、それぞれ神がかり的な“憑依演技”で具現化している。

さらに、『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 最終章 The Beginning』では、剣心の頬に刻まれた十字傷に深くかかわる姉弟、雪代巴と雪代縁を有村架純と新田真剣佑が演じる。

また、本シリーズは若手実力派の登竜門的なポジションにもなっており、窪田正孝、土屋太鳳、永野芽郁らがそれぞれに重要なキャラクターに扮している。彼らのフレッシュな魅力にも注目だ。

4.「世界」を知るベテランスタッフの“匠の技”

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』 (C) 和月伸宏/集英社  (C) 2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
役者陣に負けず劣らずハイレベルなのが、スタッフたち。ドキュメンタリー畑出身でハリウッドの経験も持つ大友啓史が、シリーズ全ての監督を務める。

ドラマ「ハゲタカ」「龍馬伝」、映画『ミュージアム』『3月のライオン』など力作を多数手がける大友監督は、観る者を打ちのめすような“本気度”がほとばしる作風が特徴。「役者から、他の出演作では観たことがないような表情を引き出す」ことを信条としており、『るろうに剣心』シリーズでも、多くの人気俳優の新境地をアシストした。

そして、本作の“顔”ともいえるアクションをコーディネートしたのは、谷垣健治。香港のアクションスター、ドニー・イェンの愛弟子として知られ、ジャッキー・チェンの現場にも参加した実績を誇る。『るろうに剣心』シリーズでは、従来の時代劇の「型」を取り払い、アクロバティックかつ流麗な“香港仕込み”の剣戟を創出した。この新たなアクション演出は、その後の国内の作品に、大きな影響を与えた。

作品を彩る主題歌にも、注目だ。シリーズを通して参加し続けるのは、佐藤さんの盟友でもある世界的バンド「ONE OK ROCK」。疾走感あふれるロックチューンや壮大なバラードで熱く美しく、映画を最後の最後まで盛り上げる。最新作ではどんな曲を届けてくれるのだろうか。

5. 熱量ほとばしるアクション&日本映画屈指のスケール

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』 (C) 和月伸宏/集英社  (C) 2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
谷垣氏が考案し、佐藤さんほか役者陣が体現した『るろうに剣心』のアクションは、非常に多彩で、観る者の度肝を抜く衝撃性にあふれている。

白眉といえるのは、『るろうに剣心 京都大火編』の一対多数の戦闘シーン。志々雄の配下にいるならず者たちに囲まれた剣心は、文字通り「瞬く隙もない」ほどの剣さばきで敵をなぎ倒していく。アニメならばいざ知らず、実写でここまでのスピード感&スケール感&ドライブ感がみなぎるアクションを繰り出されると、もはや天晴れとしか言いようがない。

『るろうに剣心』のアクションで特徴的なのは、身体性が常に伴っているところだ。ド派手なワイヤーアクションはあれど、常に重力や肉体の限界と戦っている“生身の肉体の躍動”が感じられるため、荒唐無稽なものになることがない。演者の息づかい、身体から立ち上る上気や汗、全てが「本物」なのだ。

第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』に用意されている、剣心・左之助・斎藤・蒼紫・志々雄による5対1の壮絶バトルは、まさにシリーズの真骨頂。血で足元が滑り、疲労で呼吸が乱れ、痛みで絶叫しながらも闘い続ける男たちの姿は、誇張でも何でもなく映画史に残るベスト・バウトに値する。

『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』 (C) 和月伸宏/集英社  (C) 2020映画「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」製作委員会
いまだ詳細が謎に包まれている、『るろうに剣心 最終章 The Final』と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』。しかし、本シリーズが我々の予想を上回り続けた“事実”は、揺らぐことはない。必ずや、最高の体験を与えてくれることだろう。

暗いニュースが続く2020年だが、この2部作が剣心のように“希望の灯”となる日は、もうすぐだ。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close