映画

『カメ止め』生んだシネマプロジェクト最新作!『河童の女』公開 | .

恋愛映画の旗手と呼ばれる今泉力哉監督の『退屈な日々にさようならを』や社会現象と化した上田慎一郎監督作品『カメラを止めるな!』など、数々の話題作を輩出している「ENBUゼミナール」主催の「シネマプロジェクト」第9弾となる最新作『河童の女』の公開が決定。キービジュアルと場面写真、予告編が一挙に解禁となった。

今後の活躍が期待される俳優と新進気鋭の監督の出会いの場となっている「シネマプロジェクト」。本作でメガホンをとるのは、これが長編映画デビューとなる51歳の新人・辻野正樹監督。監督のオリジナル脚本にあわせ、ワークショップオーディションで選ばれた16名のキャストに、ベテラン俳優の近藤芳正をゲスト俳優に迎えた。

とある民宿を舞台に、長編映画初主演となる俳優、青野竜平と郷田明希の2人が織りなす物語。トラウマを抱えながらも懸命に生きる人々の姿を描き、クスッと笑えるエピソードと共に、最後にはホッと温かい気持ちに包まれる作品に仕上がった。


今回の公開決定に合わせ、上田監督ら映画人3名からも応援コメントが到着している。

上田慎一郎(映画監督)

懐かしい友人と再会して思い出話に花を咲かせるような。そんな時間を感じる映画でした。それぞれがそれぞれの問題を抱えた、癖のある登場人物たち。そんな彼ら彼女らが大集合して大騒ぎするラストシーン。彼らの行動は正しいのか、正しくないのか? そんな事を超えて、なんとも奇妙で清々しい多幸感に襲われました。

足立紳(脚本家・映画監督)

色んなものをしょいこんで立ち止まってしまった主人公が51歳の新人監督辻野さんと重なる。きっと辻野さんは人間が大好きなんだと感じるラストシークエンスに笑い泣き! 主人公同様にこれから突っ走るはずだ。

伊藤さとり(映画パーソナリティ)

監督独自の視点による愛溢れる画だった。人の心に寄り添う脚本とワンカットワンカット、ひとりひとりに見せ場を作りながら、映画でしか表現できない“過去から未来へ飛び出す”ダスティン・ホフマンの『卒業』のような瑞々しい2人の姿が、今も目に焼き付いている。

ストーリー

『河童の女』(C)ENBUゼミナール
柴田浩二(青野竜平)は、川辺の民宿で生まれ、いまもそこで働きながら暮らしている。ある日、社長である父親(近藤芳正)が、見知らぬ女と出て行った。浩二は1人で民宿を続けることとなり、途方に暮れる。そんな中、東京から家出してきたという美穂と名乗る女性(郷田明希)が現れ、住み込みで働くように。浩二は彼女に惹かれ、誰にも話したことのない少年時代の河童にまつわる出来事を語る。このままずっと2人で民宿を続けていきたいと思う浩二だったが、美穂にはそれが出来ない理由があった――。

『河童の女』(C)ENBUゼミナール
『河童の女』は7月11日(土)より新宿K’s cinema、7月18日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国にて順次公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close