映画

松本まりか、孤独と葛藤し愛を求める母を体現…『夜、鳥たちが啼く』場面写真 | .

作家・佐藤泰志が関東近郊を舞台に描いた「大きなハードルと小さなハードル」所収の短編小説の映画化、山田裕貴主演『夜、鳥たちが啼く』より、母親役を演じている松本まりかの場面写真が公開された。

>>『夜、鳥たちが啼く』あらすじ&キャストはこちらから

松本さんが演じるのは、内に秘めた破壊衝動と葛藤する売れない小説家・慎一のもとに、離婚を機に息子・アキラと共に身を寄せるヒロイン・裕子。

慎一とは、かつて元夫の後輩として親しくしていた。慎一は離れのプレハブで寝起きし、裕子は慎一が暮らしていた自宅で息子に愛情を注ぐ穏やかな日々を送るが、一方で夫に裏切られた過去の傷に苦しみ、やり場のない感情と孤独を抱える複雑な役どころ。

息子・アキラ役を演じたのは、オーディションで選ばれた森優理斗。松本さんは「初めて会ったときの可愛いという感覚が、撮影を通して、じわじわと愛おしいという感覚になって体に染み込んでいきました。母親が息子に感じる感覚と似ているのかなと」と共演をふり返っており、カメラの回っていないときにもコミュニケーションをとり、信頼関係を築いていったようだ。

今回公開された場面写真では、夕飯の支度をしていたことが伺えるエプロン姿、穏やかな表情でアキラを後ろから抱き支える幸せそうな姿が切り取られている。その反面、どうしようもない孤独と傷ついた心の隙間を埋めるため、アキラが眠りについた後、行きずりの出会いを求めて夜の街へと出かけて行く、アンバランスで危うい姿も…。

撮影に入る前、「無駄がひとつもなくて、解釈の仕方も表面上の印象よりも、もっともっと深い所に答えがあるすごい脚本なんです。この先自分がこの役に到達できるのか…果てしない戦いだなと感じています。簡単じゃないけど、やりがいがありますね」と熱い思いを明かしていた松本さん。撮影後には「現場で時間を重ねていく中で、はっとする気づきがたくさんありました。裕子という役にとっても、私にとっても。すごく大切な経験をさせてもらえた作品です」と手応えを語っている。

『夜、鳥たちが啼く』は12月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。



ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close