映画

横浜流星「楽しかった」撮影現場、「頑固と頑固。話が進まない」監督が明かす『線は、僕を描く』 | .

横浜流星、清原果耶、河合優実、そして小泉徳宏監督が映画『線は、僕を描く』公開前夜祭オンラインイベントに出席。オンライン上に集まった国内外のファン150名に向け、横浜さんが「一人でも多くの人に届けば嬉しい」と語った。

>>『線は、僕を描く』あらすじ&キャストはこちらから

この日の会場は、巨大な水墨画の世界に入り込んだかのようなセッティング。まず、撮影当時の思い出を聞かれた清原さんは「5年前に小泉監督とご一緒しました。成長した姿をみせないと、と緊張していましたが楽しかったです」とふり返ると、小泉監督は「成長した背中を見られて大満足です。すごく嬉しかったですね」と清原さんの成長ぶりに太鼓判、その言葉に清原さんも満面の笑みに。

清原果耶

河合さんは「小泉監督のまっすぐな想いに全員がついていっている感じがしました。とても居心地の良い現場だったのを覚えています。(演じた役柄は)霜介を支える役割だなと感じていたので、とにかく明るく支える、というのを意識していました」と役作りについてもコメント。

河合優実

「河合さん演じる川岸と細田(佳央太)さん演じる古前は、霜介の辛い過去を知っているからこそフラットに接してくれて。現場でも、いい空気感で霜介としていられました。感謝しています」と語る横浜さん。河合さんや細田さんが演じるキャラクターに救われていた撮影エピソードを披露した。

横浜流星

また、横浜さんが「監督ともたくさん話し合いをして…でも自分も頑固だし、監督も頑固なので(笑)でも、それを受け止めてくれて霜介が出来上がっていきました。楽しかったです」と冗談交じりに明かすと、小泉監督もすかさず「頑固と頑固。話が進まない(笑)」とコメントに応じ、熱いディスカッションが行われたらしい現場の思い出を明かして場内の笑いを誘っていた。

小泉徳宏監督

さらに、オンライン上で現在、公開検討中という韓国に中継がつながると、配給を担当しているスタッフから「感動しました。色々な日本映画を観てきたけど水墨画をテーマにした作品は珍しいですね。繊細でパワフルな水墨画が描かれている作品だと思いました」と期待高まるコメント。

それに対し横浜さんは「“検討”ではなくぜひ“公開決定”してください!お願いします!!」と猛アピール、主演俳優自ら作品を売り込むひと幕も。すでに公開が決定している台湾にも中継は繋がれ、共演している江口洋介や三浦友和との撮影エピソードを明かし、日本のみならず、世界へ向けて続々と広がる“センボク熱”に「おめでとう!!」と配信コメントも盛り上がりを見せていた。

なお、日本各地でも、原作の大ファンであり芳林堂書店高田馬場店で映画公開に合わせてコーナー展開を担当した書店員の方や、ロケ地となった滋賀県の多賀大社、東京都指定有形文化財「百段階段」で映画の特別企画を行っている目黒のホテル雅叙園東京などと、“線”を繋ぐ中継が行われた。

ロケ地となった多賀大社の荘厳な雰囲気には、登壇者一同「おぉ!」と驚く様子が。横浜さんはこの地での撮影について「観てくれる方の心を掴む大事なシーンで使わせてもらったので、すごく印象に残ってます」と思い出を明かす。

さらに、水墨画の監修を務め、横浜さん、清原さんらにも熱心に水墨画指導を行った小林東雲が雅叙園との中継で画面に映し出されると、登壇者らは満面の笑顔に。東雲先生は「映画もスタッフもキャストも、みんな本当に素晴らしくて感銘を受けました。感動しましたね」と語り、清原さんが「水墨画の魅力が伝わったら…と心がけてもいたので、明日の公開が楽しみですね!」と呼びかけていた。

※なお、細田佳央太は体調不良のため、大事をとって欠席した。

『線は、僕を描く』は全国にて公開中。



ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close