映画

人生をもがく2人に訪れる変化…山田裕貴×松本まりか『夜、鳥たちが啼く』予告編 | .

作家・佐藤泰志の短編小説を山田裕貴×松本まりか共演で映画化する『夜、鳥たちが啼く』より、予告編が解禁された。

>>『夜、鳥たちが啼く』あらすじ&キャストはこちら

山田さん演じる慎一は若くして小説家としてデビューしながらも、その後は鳴かず飛ばず。サラリーマンとして働きながら、そんな自分に嫌気が差し、もがき続けるように夜ごと一心不乱に小説を書き続けていた。

解禁された予告編では、慎一の家に裕子(松本さん)が「お世話になります」と引っ越してくるところから始まる。慎一はかつて恋人と暮らしていた一軒家を離婚して行き場を失った裕子に明け渡し、離れのプレハブで暮らすことに。プレハブと一軒家、近くて遠い、いびつな「半同居」生活をスタートさせることになる。

映像では、慎一が元恋人・文子(中村ゆりか)との別れ際、ボロボロになりながら泣き叫ぶ姿や、裕子に「向こう(の家)はあいつ(元恋人・文子)と住んでいたところだから…」と心の叫びを吐き出すかのように気持ちを明かすシーンなどが盛り込まれ、心の傷がいまだに癒えていないことが分かる。

一方の裕子も、「アキラを寝かせて一人でいられないの」と孤独に震える心の内を明かす。ひとり息子のアキラが眠りについた後、行きずりの出会いを求めて夜の街へと出かけ、寂しさを紛らわせる姿も映し出される。孤独を埋めるように夜ごと出歩く裕子をプレハブ小屋から覗き、気に掛ける慎一だったが深入りしないよう見て見ぬふりをするのであった。

終盤には慎一と裕子が互いを求めるシーンもあり、2人の関係性にも変化があったことがうかがえる。また、慎一とアキラが公園で遊んでいる様子や、花火を見る姿は3人に家族のような繋がりが生まれたことを予感させる。「このままやってみたらどう? 結婚もしてないのに、家庭内別居」と、提案する慎一に裕子の出した答えとは。ラスト、冒頭の苦悶に満ちた表情から一変、机に向かう慎一の穏やかで安らかな表情は何を物語るのか。2人の行く末が気になる映像となっている。

『夜、鳥たちが啼く』は12月9日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。



ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close