映画

池田エライザ&水川あさみ&ムロツヨシら“監督”の個性が光る『MIRRORLIAR FILMS Season 4』本予告がお披露目 | .

年齢や性別、職業、若手とベテラン、メジャーとインディーズの垣根を越えて選出された監督陣による個性豊かな作品が上映される短編映画企画 『MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)』。池田エライザ、齊藤工、水川あさみ、 ムロツヨシら俳優陣が監督として参加するそのSeason4から本予告が解禁された。

>>『MIRRORLIAR FILMS Season4』あらすじ&キャストはこちらから

女優、歌手、モデルとして多方面で活躍する池田エライザは、空想の世界で遊ぶこ とが大好きな少年が食卓に上がった親友のニワトリ「フェニックス」を見て“命を食べている”ことを自覚する『Good night PHOENIX』で監督を務める。

齊藤工は、主演に伊藤沙莉を迎え、自身の監督作品を新たな脚本とキャストで飾るセルフリメイク作 品『女優iの憂鬱/COMPLY+-ANCE』で参加。

水川あさみは、監督デビュー作品として窪田正孝を主演に、繰り返す日々の中、些細なきっかけで変わっていく男の姿を描く『おとこのことを』で参加。

ムロツヨシはムロさんが出演を熱望した大西礼芳を迎え、自身が書いた昔の脚本を映像化した『バイバイ』で監督と主演を務める。

今回解禁する本予告では、暗い部屋で生きる気力を失いぼんやりとする、無精ひげを生やした男を窪田さんが演じる『おとこのことを』、伊藤さんがインタビュー中、プロデューサーの平子祐希(アルコ&ピース)、ディレクターの斎藤さんに過剰なコンプライアンスを強いられる『女優の憂鬱/COMPLY+-ANCE』、ランドセルを背負った男女のアニメーションが個性を放つムロさん監督作『バイバイ』など、それぞれバラエティに富んだ作品群が次々にお披露目。

ほかにもアーティスティックな雰囲気が印象的な池田さんの監督作『Good night PHOENIX』、白黒の映像がどこか懐かしさと切なさを感じさせる藤井道人監督作『名もなき一篇・東京モラトリアム』など、9本の作品を彩る豪華俳優陣と共に様々なシーンが映し出され、豪華監督陣の個性が詰まった作品であることが伺える。

『MIRRORLIAR FILMS Season4』は9月2日(金)より全国にて公開。



ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close