映画

橋本環奈&太田夢莉、城田優と対峙『バイオレンスアクション』本編映像 | .

8月19日(金)本日公開を迎えた映画『バイオレンスアクション』の本編映像より、ケイとだりあが、みちたかくんと激しいバトルを繰り広げるアクションシーンが公開された。

>>『バイオレンスアクション』あらすじ&キャストはこちらから

橋本環奈演じるゆるふわ専門学生で、指名ナンバーワンの凄腕の殺し屋である主人公・ケイと、太田夢莉演じるバイト仲間で孤高のスナイパー・だりあが、みちたかくん(城田優)と対峙し、戦いの口火を切る緊迫感のあるこのシーン。

次期組長の座を巡り、内部抗争が勃発中の伝馬組。野心家の木下(高橋克典)から依頼されたケイは、だりあと協力して国津派を壊滅させるため、仕事をこなしていたが、その件で恨みを買ってしまい、最狂の殺し屋みちたかくんから目をつけられてしまう。

歌を口ずさみ、ゆっくりと2人の目の前に現れるみちたかくんは、「女なのに殺人を仕事とし、女なのに国津組を殺し、女として生きている。お前らはすでにスリーアウトだ」と敵意をあらわにする場面からスタート。

すると、ナイフを持つだりあが飛びかかり、バトル開始。一方のケイは飛び蹴りで加勢するも、みちたかくんは圧倒的な強さで2人を蹴散らしていくという、絶体絶命の緊張感のある見応えたっぷりのシーンに仕上がった。

殺し屋であるケイの背景について、瑠東東一郎監督と徹底的に話し合ったという橋本さん。そんな彼女を「一瞬一瞬燃え尽きるような生き方をしている人」だと捉えた監督は、ケイの無言の演技に橋本さん自身の人間力が滲み出ていると述べ、「彼女以外ではケイを表現できなかったでしょうね」と信頼を寄せる。

また今回、初アクションとなった太田さんとは、クランクイン前から演技レッスンを重ねるなど、悩める役者に寄り添いながら気合いの入ったアクション映画を作り上げた。

『バイオレンスアクション』は全国にて公開中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close