映画

福永朱梨×金子大地、年上好きの主人公が出会った同世代の彼との恋『手』予告編 | .

山崎ナオコーラの原作を『ちょっと思い出しただけ』の松居大悟監督が映画化したロマンポルノ50周年記念プロジェクト「ROMAN PORNO NOW」の第1弾作品『手』から、ポスタービジュアルならびに予告編が解禁(R18+指定)。オールキャストと主題歌も発表された。

>>『手』あらすじ&キャストはこちらから

追加キャストとして発表されたのは、津田寛治、大渕夏子、金田明夫ら。同時に、日本の3人組ロックバンド「Ring Ring Lonely Rollss」による書き下ろしの新曲「スロウタイム」が主題歌に決定。主題歌の「スロウタイム」は「Ring Ring Lonely Rollss」が松居監督と製作陣からオファーを受け、本作のために書き下ろした新曲。映画の主題歌を担当するのは今回が初となる。

「Ring Ring Lonely Rollss」

そして、今回解禁された予告編では、同僚の森(金子大地)との距離が近づく過程と共に、家族との関係に思い悩み、そして上司ともかけ引きをしながら、愛とは何かを自身に問いかけるさわ子(福永朱梨)の、悩める女性の感情が捉えられた映像となっている。部下のさわ子に心惹かれていく冴えない上司役を演じる津田さんの姿も映されている。父と仲が良く自由で無邪気な妹を大渕さんが、さわ子には関心がないような素振りを見せる父を金田さんが演じる。

また、本作は2022年で第47回目を迎える日本で一番古い映画祭であり、日本の映画史に寄り添ってきた湯布院映画祭への出品が決定している。

『手』は9月16日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。



ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close