映画

鈴木亮平×宮沢氷魚共演、高山真の自伝的小説「エゴイスト」を映画化へ | .

鈴木亮平が主演、宮沢氷魚を共演に迎え、エッセイスト・高山真の自伝的小説「エゴイスト」を映画化。『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』などの松永大司が監督を務める。

14歳で母を失い、田舎町でありのままの自分を隠して鬱屈とした思春期を過ごした浩輔。いまは東京の出版社でファッション誌の編集者として働き、自由な日々を送っている。そんな彼が出会ったのは、シングルマザーである母を支えながら暮らす、パーソナルトレーナーの龍太。

惹かれ合った2人は、時に龍太の母も交えながら満ち足りた時間を重ねていく。亡き母への想いを抱えた浩輔にとって、母に寄り添う龍太をサポートし、愛し合う時間は幸せなものだった。しかし2人でドライブに出かける約束をしていたある日、何故か龍太は姿を現さなかった――。

まるで自分を守る鎧のようにハイブランドの服に身を包み、気ままながらもどこか虚勢を張って生きている浩輔。最初は戸惑いながらも浩輔から差し伸べられた救いの手をとった、自分の美しさに無頓着で健気な龍太。浩輔は龍太との出会いによって鎧を脱ぎ捨て、誰かを心から愛する喜びを知っていく。しかしやがて大切な人との関係を断たれたとき、浩輔はこの愛のかたちは自己満足なのではないか、彼らを追い詰めていたのではないかと、自問自答を始めることになる。愛とは自分を救うためのエゴなのか、それとも?

前半の甘美な展開から一転、浩輔が自らに向ける根源的な問いが観る者の心を揺さぶり、やがては『エゴイスト』というタイトルが胸の深い場所に刺さることになるだろう。

原作は、様々なテーマを愛と毒のある切り口で、数々の名コラムを世に送り出してきた故・高山真の自伝的小説。『トイレのピエタ』『ハナレイ・ベイ』『Pure Japanese』などを手掛けてきた松永監督は、トランスジェンダーである友人を撮影したドキュメンタリー『ピュ~ぴる』から約10年、本作の脚本執筆の際には入念なリサーチを行い、主人公・浩輔のライフスタイルの細部までリアルに描写。登場人物たちの心情にドキュメンタリータッチでリアリティあふれる映像で寄り添った。

主人公の浩輔を演じるのは、『孤狼の血 LEVEL2』で第45回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞をはじめ多くの賞を受賞し、いま勢いに乗っている鈴木亮平。役柄に合わせて身体をコントロールするストイックさと深い洞察力、そして緻密な役作りで数々のキャラクターに命を吹き込んできた名優が、強さと脆さを同居させた生々しい演技力で観る者を引き込み、新たな境地を開拓した。

龍太役には映画『his』『騙し絵の牙』、NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」など話題作への出演が続く宮沢氷魚。透明感ある儚いたたずまいが、愛を注がれる純粋な青年、龍太のキャラクターに説得力を与えている。

コメント到着

◆鈴木亮平
「愛はエゴか、エゴが愛か」これは私が昔から考え続けてきたテーマでした。
原作小説を初めて読んだ時、著者も同じテーマに向き合ってきた方なのではないかと感じました。
この映画が静かに、皆様の心の深い場所へ届きますように。

◆宮沢氷魚
「エゴイスト」という作品に出会い、僕は人間の本質、原点とはなんなのかを考えさせられました。
愛とは一体なんなのか。無条件の愛など存在するのか。たくさん悩み、苦しみ、でも希望の光を目指してこの作品に挑みました。
二人の人間の愛情と生き様をまるでドキュメンタリーのように描いた作品が完成しました。
一人でも多くの人にこの作品が届くことを心より願っています。

◆松永大司監督
自身の監督デビュー作品である、友人を長年撮影したドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』がジェンダーをテーマにしていた自分にとって、著者である高山真さんの想いが込められた原作を読んだ際、とても心動かされるものがありました。そしてその原作を鈴木亮平、宮沢氷魚らの人間味溢れる俳優たちと共に、力強い映画として完成させることができました。この作品がささやかでも誰かの生きる力になることを願います。

『エゴイスト』は2023年、全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close