映画

関ジャニ・安田章大、中井貴一&佐々木蔵之介を翻弄する?『嘘八百』第3弾 | .

中井貴一×佐々木蔵之介のW主演で贈る開運!お宝コメディ第3弾『嘘八百 なにわ夢の陣』に、「関ジャニ∞」の安田章大が出演することが分かった。

>>『嘘八百 なにわ夢の陣』あらすじ&キャストはこちらから

安田さんが演じるのは、大物狙いで空振りばかりの目利き古美術商・小池則夫(中井さん)と、うだつの上がらない陶芸家・野田佐輔(佐々木さん)の骨董コンビを翻弄する“カリスマ波動アーティスト”TAIKOH。神秘の舞のような動きで大きなキャンパスに絵を描き、それらの絵とともに自身もカリスマ的な人気を誇る謎の人物だ。

かつて豊臣秀吉の出世を後押ししたと言われる七つの縁起物「秀吉七品」。中でも“鳳凰”は、これまで「鳳凰を宿して光輝くうつわ」としか記録がなく、幻のお宝として伝説に。その秀吉の1億円級のお宝“鳳凰”をめぐり、骨董コンビとTAIKOHが騙し合いの火花を散らす。

今回、7年ぶりの映画出演となった安田さんは「TAIKOHは<波動アーティスト>ですが、繊細な部分を持ち、それを自己表現している人物です。その内面の繊細さにより、『ちょっとよく分からない人』『変わっている人』として扱われたくないなと意識していました」と話し、「皆さんのその場で対応できるお芝居の技量、表現力、表情、言葉の言い回し、語尾の落とし方、ブレスなど、すぐに真似できることではありませんが、一緒に芝居をさせていただくことで少しずつ自分に経験値がたまっていく感覚がありました。『現場で学ぶことが全てなんだ』とジャニ―さんがおっしゃっていましたが、それが財産だと改めて感じました。『嘘八百 なにわ夢の陣』、是非見てください!」とコメントした。

『嘘八百 なにわ夢の陣』は2023年1月、全国にて公開予定。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close