映画

金子大地「素晴らしい作品作りに」松居大悟監督と日活ロマンポルノ新作『手』に挑む | .

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」でも話題の金子大地が、ロマンポルノ50周年記念プロジェクトの新企画「ROMAN PORNO NOW(ロマンポルノ・ナウ)」の第1弾である松居大悟監督作品『手』に出演することが決定した。

おじさんの写真を撮っては、コレクションするのが趣味のさわ子(福永朱梨)。これまで付き合ってきた男性はいつも年上ばかりなのに、父とはなんだか上手く話せずギクシャクしていた。そんな時、同年代の同僚・森との距離が縮まっていくにつれて、さわ子の心にも徐々に変化が訪れる―――。

金子さんが演じる森は、主人公・さわ子が気になっている会社の同僚。森の転職を機に、さわ子との距離が縮まり、互いにどうしようもなく惹かれあっていく。人懐っこく、愛くるしい森というキャラクターをリアルに体現しながらも、ふとした瞬間にみせる愛しい眼差しや等身大の男女の関係を金子さんは繊細かつ大胆に演じた。

先週から出演し話題となっている 「鎌倉殿の13人」では、源頼朝の息子・源頼家役の熱演し、今後の展開に期待が高まっている金子さん。また、7月期 KTV・CX系「魔法のリノベ」にも出演が決定、さらに、9月には彩の国シェイクスピア・シリーズ「ヘンリー八世」の再演に臨むなど、今夏、大注目の俳優のひとりだ。

森役:金子大地コメント
▼オファーを受けた感想

松居さんの映画にいつか出演したいと思っていたので嬉しかったです。 また、歴史ある日活ロマンポルノの50周年ということで、とても光栄に思いました。

▼松居組に参加した感想
松居さんの現場はとても雰囲気が良く、素敵なスタッフの皆さんのおかげでリラックスしてお芝居できました。 松居さんがとにかく、役者に寄り添いながら引いた目で現場にいてくださったことが素晴らしい作品作りに繋がったと思います。 日活ロマンポルノを見たことがない人も気軽に見て何か感じることのできる新しい作品だと思うのでぜひ!

松居大悟監督コメント
金子くんは『バイプレイヤーズ』でご一緒した縁から、次はがっつり作りたいと思ってオファー致しました。 他作品で見る金子くんの役が、全て印象が違って面白くて、この”森”という捉え所が多い役をどう生きるだろうと思ったからです。
稽古の時から、わからないことをわかったふりせずに共に悩めたので、悩みすぎなところもありましたが、それ も良かったです。
さわ子の大きな拠り所にもなり、森くん、どうしようもなく瑞々しく生きています。

ロマンポルノ50周年記念プロジェクト【第1弾】『手』は9月16日(金)より、【第2弾】『愛してる!』は9月30日(金)より【第3弾】『百合の雨音』は10月14日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close