映画

磯村勇斗「現代の延長線上で起こり得るんじゃないか」『PLAN 75』特別映像 | .

第75回カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門正式出品され、監督・脚本の早川千絵がカメラドール特別表彰を授与された映画『PLAN 75』。今回、その公開を記念した特別映像が2本解禁、スペシャルトーク映像では早川監督、磯村勇斗河合優実が思いを語っている。

>>『PLAN 75』あらすじ&キャストはこちらから

超高齢化社会に対応すべく、75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行された近い将来の日本で、その制度に大きく翻弄される人々の姿を描いた本作。

解禁となった特別映像のスペシャルトーク編では、早川監督、<プラン75>に関わる市役所職員ヒロムを演じた磯村さん、コールセンタースタッフの瑶子を演じた河合さんが、脚本を読んだ印象や映画の見どころ、監督について語るインタビューが収められている。

磯村さんは「作品の中で大きな選択を迫られている怖さがあって、僕たちが生きている現代の延長線上で起こり得るんじゃないかと危機感を感じ、この社会的なテーマを絶対に届けなければいけないと強く思いました」と脚本を読んだ印象を力強く語る。また、早川監督は「ここ数年、日本で“自己責任”という言葉が幅を利かせ、社会的に弱い立場にある人たちに対して凄く風当たりが強くなってきていることに憤りを感じていて、それが原動力になって映画を作ろうと思った」と語り、制作理由を明かす。

河合さんが「(作品で描かれるのは)私たちが今感じている事とか、生活している事の延長にある未来で、全然離れた事ではない、他人ごとではない未来だと思う」と言い、「疑問を感じたり、心に芽生えたものを大切に映画から持ち帰って、皆さんの生活に変化があったら嬉しいと思います」と見どころについて語るなど、3人が様々なトークを繰り広げる。

また、併せて公開されたストーリー編では、75歳以上が自ら生死を選択できる制度<プラン75>が施行された社会で、制度に翻弄されていく人々の姿を紐解いていく。

そして、新たに解禁された場面写真では、倍賞千恵子演じるミチが、高齢者をサポートするコールセンターのスタッフ・瑶子(河合さん)と秘かに会い、穏やかなひと時を過ごす姿や、<プラン75>への疑念を募らせていくヒロム(磯村勇斗)の険しい表情が切り取られている。

『PLAN 75』は6月17日(金)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close