映画

西野七瀬の“恋する表情”に注目…切ない恋心が垣間見える『恋は光』新場面写真 | .

神尾楓珠主演、リアルとファンタジーが入り混じる文科系哲学恋愛映画『恋は光』。この度、ヒロイン・西野七瀬の切ない新場面写真が公開された。

>>『恋は光』あらすじ&キャストはこちらから

“恋する女性が光って視える”という特異体質を持ち、理屈っぽく独特な喋り方をする主人公・西条(神尾さん)。それゆえに、恋を煩わしく面倒なものと遠ざけているが、気心の知れた幼なじみ・北代(西野さん)にだけは、その変わった体質のことを話し、悩みを相談している。

一方、北代は、西条に長年想いを寄せているのにも関わらず、西条から「光っていない」と言われ続け、告白する前から振られているようなもの、と自分の気持ちに蓋をしている。

到着した場面写真は、北代が西条を見つめる場面や、パジャマパーティーで恋バナをし、想いにふける様子、素直に想いを伝えることができないもどかしさに悩むシーン。どれも目線が印象的で、冷静を装いつつも、西条の一挙手一投足に心をかき乱されてしまう切ない恋心が垣間見えるようだ。

また映画では、交換日記をきっかけに西条と「恋の定義」について考察する文学少女・東雲(平祐奈)や、人の彼氏を略奪する恋に燃える宿木(馬場ふみか)が現れる。四角関係の行方にも注目だ。

『恋は光』は6月17日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close