映画

スタジオコロリド最新作『雨を告げる漂流団地』「ずっと真夜中でいいのに。」挿入歌PV公開 | .

『ペンギン・ハイウェイ』『泣きたい私は猫をかぶる』が世界的にも賞賛を浴びたアニメーションスタジオ「スタジオコロリド」。その待望の新作長編アニメーション映画第3弾『雨を告げる漂流団地』の主題歌&挿入歌は、アニメ作品初のタイアップとなる「ずっと真夜中でいいのに。」に決定、挿入歌の「夏枯れ」PVが解禁となった。

>>『雨を告げる漂流団地』あらすじ&キャストはこちらから

本作の主題歌&挿入歌を決定については、「ずっと真夜中でいいのに。」自身初のさいたまスーパーアリーナ単独公演ZUTOMAYO FACTORY「鷹は飢えても踊り忘れず」にて大々的に発表。「ずっと真夜中でいいのに。」は、作詞・作曲・ボーカルのACAねを中心に活動する音楽バンドで、YouTube総再生回数6億回超え、チャンネル登録者200万人突破など、若年層から絶大な支持を集めている。また、「ずっと真夜中でいいのに。」がアニメ作品の楽曲を担当するのは今回が初めてとなる。

合わせて、書き下ろしの新曲・挿入歌「夏枯れ」PVが公開。ノスタルジーを感じさせるような心地よいリズムに合わせて、海を漂流する子どもたちの様子が描かれている。PVには本作『雨を告げる漂流団地』の制作過程の映像が使用され、より高まるような仕上がりとなっている。

「ずっと真夜中でいいのに。」ACAねは、「制作にあたり石田(祐康)監督から物語としての想い/ヒントをいただき、すぐさまメモやら何やら広げながら取りかかると普段の自分とも繋がりました。季節が暮れるたび枯れるたびに想いを馳せてしまうような作品に浸りながら新たな夏の曲を作らせていただきました。(もともと団地の纏うもの懐かしさやたた住まいがとても好きで監督と盛り上がれて嬉しかった)主題歌と挿入歌として交わることができて感謝です。。」とコメントを寄せている。

『雨を告げる漂流団地』は2022年、Netflixにて全世界独占配信&全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close