映画

映画クレしん『謎メキ!花の天カス学園』地上波初放送!最新作にちなんだSP放送も | .

映画クレヨンしんちゃん最新作『もののけニンジャ珍風伝』の公開を記念し、昨年公開された『謎メキ!花の天カス学園』が4月17日に地上波初放送される。また、映画公開にちなんだスペシャル放送「オラは誰の子?忍者の子!?SP」も23日に放送する。

>>『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』あらすじ&キャストはこちら

>>『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』あらすじ&キャストはこちら

『謎メキ!花の天カス学園』は、全寮制の超エリート学校で巻き起こる難事件にしんのすけたち“カスカベ防衛隊”のお馴染みのメンバーが挑むシリーズ史上初の“本格(風)学園ミステリー”。先読み不可能な物語や風間くんとしんのすけの友情など、これまでにない設定が話題を呼んだ。

そして、最新作『もののけニンジャ珍風伝』は《しんのすけは野原家の子じゃなかった!?》という衝撃の事実からはじまるストーリー。

「赤ちゃんの名前を考えるゾ」

23日に放送される映画公開にちなんだスペシャルでは、野原家のアイドル・ひまわりの誕生秘話を描く1996年放送の「赤ちゃんの名前を考えるゾ」、忍者ごっこをするしんのすけたちのもとへやって来た園長が、《忍者の師匠》となって皆を修行させてしまう2004年放送の「忍者でござるゾ」と、過去の傑作から2つのエピソードをお届けする。

「忍者でござるゾ」

ちなみに映画最新作は、原作にもある“しんのすけの生まれた日の模様”つまり「しんのすけ」という名前がどのように名付けられたのか、というシーンで始まるのだが、その様子がアニメでは「赤ちゃんの名前を考えるゾ」の回で描かれているという。映画最新作と深い繋がりがある見逃せないエピソードだ。

また、スペシャルでは最新映画冒頭映像も初公開される。しんのすけがどのように生まれて名付けられたのか、そして、そこに隠された衝撃の真実(?)を垣間見ることのできる映像となっており、こちらも注目したい。

『映画クレヨンしんちゃん 謎メキ!花の天カス学園』は4月17日(日)午前10時よりテレビ朝日系にて放送(※一部地域を除く)。

クレヨンしんちゃん「オラは誰の子?忍者の子!?SP」は4月23日(土)午後4時30分~5時00分よりテレビ朝日系にて放送。

『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』は4月22日(金)より全国東宝系にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close