映画

中条あやみ、堂々としたパドルさばきを披露『水上のフライト』主題歌入り予告 | .

事故で歩けなくなり心を閉ざすヒロインの飛躍を中条あやみ主演で描く、実話に着想を得た感動の物語『水上のフライト』から、予告編と新場面写真が解禁となった。

>>『水上のフライト』あらすじ&キャストはこちらから

今回公開された予告編は、「弱いのは努力が足りないだけですから」という強気なセリフとともに、走高跳でオリンピックを目指す中条さん演じる遥がバーを華麗に飛び越える姿から始まる。


不慮の事故に遭い、命は助かったものの二度と歩くことができなくなってしまう遥。心を閉ざし自暴自棄になるが、周囲の人々に支えられパラカヌーという新たな夢を見つける。

初めて挑戦するパラカヌーに最初は弱腰の遥だったが、トレーニングを重ねるうちに段々と上達していく姿が確認でき、観る者の胸を打つ奇跡と感動の予告編となっている。

予告編では、SUPER BEAVERが手掛ける主題歌「ひとりで生きていたならば」も解禁。人々の支えで立ち直っていく遥の心情とシンクロするような、人は一人では生きていけないという温かいメッセージを、力強い歌声で歌い上げ映画を盛り上げる。

中条さんは主題歌について、「初めて映画をエンディングまで観て、『一人で生きていたならば』が流れた時に、映画も音楽も1つになってとても素敵な作品が出来たという事に大きな満足感と幸せな気持ちで満たされました」とコメント。

さらに、「自分は決して一人じゃない。だから寂しい気持ちにならなくてもいいし、色々な人がいて、色々な人生があるから面白いのだと、前向きな気持ちになります! 心が沈んでしまった時や、元気を出したい時にお守りのようにして聞きたい!と思いました」と語っている。

『水上のフライト』 (C) 2020 映画「水上のフライト」製作委員会
『水上のフライト』は6月12日(金)新宿バルト9ほか全国にて公開。

Source Link

もっと見せる

関連記事

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Close
Close