映画

中村倫也『ハケンアニメ!』で天才監督役 キャスティングは原作者の第一希望だった | .

アニメーション業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘するクリエイターたちの姿を描いたお仕事ムービー『ハケンアニメ!』の完成披露試写会が4月14日(木)、都内で行われた。

完成披露試写会には主演の吉岡里帆をはじめ、共演する中村倫也、尾野真千子、吉野耕平監督、原作者の辻村深月が出席。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ新人映画監督の斎藤瞳(吉岡さん)と、瞳の憧れである業界のスター監督・王子千晴(中村さん)が“ハケン”をめぐって、火花を散らす本作の魅力をアピールした。

開口一番「シンプルに自信作です! 好きなものがあれば、どんな状況でも頑張れるという思いが詰まった作品。挫折や悩みの先にある希望が伝わり、皆さんの心にどうか刺さりますように」と自信を示した吉岡さん。理想を目指し、まい進するヒロイン像に「私も心が折れそうな瞬間や、思い悩むこともあるんですが、この作品が『もっと自分のことを信じていいんだよ』と、まるで解決方法のように背中を押してくれる。これからの人生の“お守り”」だと本作への共感と熱意を語っていた。

中村さんは主演作『水曜日が消えた』に続く吉野監督とのタッグが実現。「あの作品が終わりかけのタイミングで、『次の作品、中村さんにピッタリの役があるので、オファーしてもいいですか?』って。で、いただいた王子がカッコいい役で、うれしかった」と喜びを回想。実は原作者の辻村氏も「クセのある天才監督という設定。内心ではいろいろ思っている役どころで、(配役の)希望を聞かれたとき、『中村倫也さんだとうれしいです』と伝えていた」のだとか。自身の第一希望が実現し、辻村氏は「部屋でひとり『やった!』と喜んだ」と明かしていた。

その辻村氏は「開始2分で、吉岡さんであることを忘れて、私が描いた瞳が成長している姿が映っていた。こんな幸せなことあっていいのかなと…」と吉岡さんの演技も絶賛。「自分が書いた物語なのに、先の展開がどうなるんだろうとワクワクしたし、ここは大事にしてほしいという部分をひとつも削らず描いてくださった。完成まで長い道のりだったが、最高の形に仕上げていただいた」と感謝していた。

『ハケンアニメ!』は5月20日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close