映画

横浜流星×三浦翔平、『嘘喰い』対峙シーンのメイキング映像が公開 | .

本日2月11日(金)公開スタートの映画『嘘喰い』より、“死のババ抜き”で対峙する横浜流星と三浦翔平のメイキング映像が到着した。

>>『嘘喰い』あらすじ&キャストはこちらから

横浜さん演じるどんなイカサマも悪魔的IQで見破る“嘘喰い”こと天才ギャンブラー・斑目貘と、三浦さん演じる科学者という過去を持つ新参の賭郎会員、“マッド・サイエンティスト”こと佐田国一輝は、20億円と自らの命を賭け、超スリリングな頭脳心理戦<死のババ抜き>で対峙する。

シンプルにババ抜きなのだが、その内容は、ババに記された「I」から「V」までの数字が首吊りに至るまでの工程となり、全行程11に到達すると即死という、一瞬の判断ミスが文字通り命取りになる超危険なデス・ゲーム《ハングマン》が展開される。

到着したメイキング映像では、2人が中田秀夫監督やスタッフのアドバイスに耳を傾けながら、それぞれのキャラクターイメージに合った心情を表現するために、真剣に取り組んでいる様子が映し出されている。

原作でも人気の高いこのシーン。横浜さんは「絶対的な自信と野心だったり狂気みたいなものを出していけたらなっていう思いでシーンを作ってました」と撮影をふり返り、三浦さんは「流星とも色々話し合いながらやっていたんですけど、本当にハングマンゲームのところは、劇的にお芝居してます」と語っている。

一方、側で見ていた梶隆臣役の佐野勇斗が「三浦さんと流星くんが迫力のあるお芝居をしてくださったおかげでリアクションはしやすかったです」と話すインタビューも収録されている。

『嘘喰い』メイキング

『嘘喰い』は2月11日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close