映画

伊藤沙莉、ラブストーリー久々の池松壮亮と「どうやって距離を縮めようかと」『ちょっと思い出しただけ』東京プレミア | .

『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』や『くれなずめ』の松居大悟監督が、池松壮亮と伊藤沙莉を主演に迎え、第34回東京国際映画祭にて観客賞とスペシャルメンションを受賞した『ちょっと思い出しただけ』。東京プレミア上映会が1月23日に行われ、池松さん、伊藤さん、松居監督のほか、主題歌「ナイトオンザプラネット」を書き下ろし、映画にも出演する「クリープハイプ」の尾崎世界観が登壇した。

>>『ちょっと思い出しただけ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は「クリープハイプ」の尾崎さんが楽曲「ナイトオンザプラネット」を松居監督に送ったことがきっかけで誕生した映画。曲をモチーフに、松居監督が初めて描き下ろしたラブストーリーとなっている。映画製作の経緯について「僕らの曲発信で映画が出来るのは面白いし、興奮しました」と喜ぶ尾崎さん。

松居監督が本作をラブストーリーとして製作したのはコロナ禍の自粛期間の影響だという。「家に籠っていると昔のことを思い出す時間が多くて。そして久々に映画館に来たら昔よりも嬉しい感覚があった。そんな何気ない気持ちを抱きしめられるような感覚の物語にしようと思ったら、恋愛ものになったんです」と誕生秘話を明かす。

そんな松居監督や尾崎さんと20代前半を共に過ごした仲という池松さんは、「一緒に同じ本を読んだり、同じ映画を観たり、そんな自分の青春と言っても過言ではない人たちと再会をして、青春に決着をつけようと思ったんです」と久々の黄金トリオ集結に思いもひとしお。

また、タクシードライバー・葉役の伊藤さんは「内容も構成も面白いし、企画がとても魅力的。松居監督が台本を作るにあたり、私のこれまでの恋愛においての経験をインタビューしてくれて、脚本にそれを反映してくれました。それも含めて、色々な方向からの愛を感じる作品だと思っています」とふり返った。

■伊藤沙莉、池松壮亮への質問を間違える!?「ラブストーリーは得意ですか?」

池松さんにとっては、本作は久々のラブストーリーへの挑戦。「なかなか縁のないもので。照れ臭いというか、恥ずかしかった」と打ち明け、「伊藤さんとは初共演でしたが、照生と葉の6年間を体現しなければならなくて…。僕は人と距離を詰めるのが苦手で、一日に二つくらいの質問をしながら少しずつ距離を縮めていきました」と当時を思い出して苦笑い。

伊藤さんも「私もどうやって距離を縮めようかと…。緊張していて『ラブストーリーは得意ですか?』と聞いたら『はい?』と言われて。質問間違えた!と思ってた(笑)」とエピソードを明かし、場内は笑いに包まれる。

ラブストーリーに照れる池松さんは、脚本の中で言いたくなかったセリフがあったとか。「『夢で待ち合わせね』というセリフがあったんですけど、恥ずかしくて言いたくなくて。松居監督に『なんでこんなのを書いたの?』と聞いたら『俺、結構言うよ』と言われて…凄いなと」と明かすと、「私はそのセリフを言われて嬉しかったです」と伊藤さん。「安心して眠りにつけるから。それを池松さんに伝えたら『え~!』って。色々な感じ方があるんだなぁと思いました」と劇中ではリアルな会話劇を繰り広げる2人でありながら、真逆のリアクション。

当の松居監督は、「寝ると会えなくなっちゃうから。これだと、ずっと繋がっていられるような気がして…」と反論。それに対し尾崎さんは、「寝るときは休んだ方がいいです」と冷静にツッコみ、再び劇場は笑いに包まれた。

■「クリープハイプ」の大ファン・伊藤沙莉「緊張し過ぎてバックミラーを見れていません」

ミュージシャン役として出演も果たしている尾崎さんは、「初めてのことは楽しかったです。皆さんにイジられながらも、役割を全うできたかなと思います」と俳優としての手応えを口にすると、池松さんからは「カットがかかるたびに『俺どう?』と聞いてくるんですよ。それがちょっとうっとうしかったですね(笑)」と言われ、たじたじに。

タクシー運転手と乗客という設定で尾崎さんと共演した伊藤さんは、実は「クリープハイプ」の大ファン。ゆえに「緊張し過ぎてバックミラーを見れていません。もうガチガチで、待ち時間の沈黙も…」と告白すると、尾崎さんも「役者の方に喋りかけたら悪いのかなと思って喋りませんでした」と初めての現場ならではのエピソードを明かし、伊藤さんは「(話す)チャンスを逃した!」と一ファンとして悔しがっていた。

さらに、映画のタイトルにちなんで、“ちょっと思い出してしまう”エピソードの話に。尾崎さんが先陣を切り「僕は、この池松壮亮の喋り方ですね。独特の間とかこの声とか、この人しかいないんですよ。久しぶりにあって思い出しました」とコメント。

池松さんは、「タクシーに乗ってたとき、友達に悩み事を聞いてもらっていて…」と話し出すと、なぜか伊藤さんが笑いをこらえる様子に。池松さんは気にせず話を続け「運転手さんが突然振り返って、『君は大丈夫だよ』と言ってくれた事があったんですよね」と話し終えた瞬間に、伊藤さんが「それ私の話です!」と横やり。「それ、とっておきの話だったのに!!」と池松さんのエピソード横取りにツッコむ。

そんな伊藤さんは子役時代に共演した俳優さんとのエピソードを披露。「つい最近、同じ俳優さんに、当時受けたアドバイスと同じ事を言われたんです。内容が“変わらないでそのままでいてほしい”というものだったので、同じ事を言ってくださってグッときましたね」と語っていた。

最後に尾崎さんは「僕は自分が聴きたいと思う曲を作っているつもりなので、松居監督も自分が観たい作品を撮ったと信じています。そういう作品を作ってくれたことがすごく嬉しいです」と、改めてタッグを組んだ喜びをコメント。

伊藤さんは「この映画の事がシンプルに大好き」と言い、「皆さんがこの映画を通して、何を思い出すのかに興味があります。皆さんに寄り添える前向きな作品になっていれば嬉しいです」と明かし、池松さんは「映画を観ている間だけでも、日々を忘れて作品に浸ってもらえると嬉しいです。コロナ渦という経験を経て、いつか来る夜明けを、映画と共に皆さんと迎えることが出来れば」とコロナ収束も祈願しながら映画をアピール。

松居監督は「マスクをして距離をとっていても、映画館に来て同じ作品を共有する感覚はすごく愛おしいものだと思っています。明日も頑張ろうと思える映画になっていればいいなというのを信じて作りました。よかったら映画と一緒に時間を過ごしていってくれたら嬉しいです」と思いを込め、舞台挨拶を締めくくった。

『ちょっと思い出しただけ』は2月11日(金・祝)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close