映画

阿部寛主演『とんび』主題歌はゆず! あたたかな本予告映像も | .

阿部寛と北村匠海が親子役で共演する、重松清のベストセラー小説の映画化『とんび』の主題歌が、「ゆず」の書き下ろし楽曲「風信子」(ヒヤシンス)に決定。楽曲を使用した本予告映像と本ポスタービジュアルも公開された。

>>『とんび』あらすじ&キャストはこちらから

青いヒヤシンスの花言葉は、“変わらぬ愛”。子から親への愛と感謝の気持ちがつめこまれた楽曲となっており、“出来ることなら あなたに返したい「ありがとう」”のフレーズが、本作の親子の絆~家族の愛をより感動的に彩る。

「ゆず」の北川悠仁は本楽曲について「僕は既に父が他界しているんですが、若い頃に想う親への気持ちと、今この年齢になったからこそわかる親の気持ちみたいなものがあって。それでもやはり、計り知れない想いもたくさんあります。そんな親を想う子の気持ちや、子を想う親の気持ち。さまざまな”愛の形”をイメージしながら楽曲を書き上げました」とコメント。

破天荒な愛すべき父・ヤス役の阿部さんは、エンドロールを観て「自然と穏やかな温かい気持ちに包まれました。子を想う親、親を想う子、普遍的な親子の原風景を描いた『とんび』に、『風信子』という素敵な花を添えて頂き、とても嬉しく思っております」と話し、息子・アキラを演じる北村さんも「『とんび』に描かれている不器用な愛情、特に父からみる息子への温かさが滲んでいるように感じられました。そして、ゆずのお二人の声が作品全体を優しく包んでくれているようで、どこまでも飛んでゆくトンビの親子を想いました」と楽曲を聴いた印象を明かしている。

また今回、主題歌が流れる予告編も到着。ヤスは、息子と美佐子と3人で仲睦まじく人生絶頂の幸せにいたが、突然の悲劇に見舞われてしまう。そして、アキラがヤスの海より深い愛と、街の人の暖かい手で成長する様子が映し出されていき、楽曲と相まって思わず胸が熱くなる映像に仕上がっている。

「風信子」が彩る本予告映像

『とんび』は4月8日(金)より全国にて公開。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close