映画

百鬼夜行描く『劇場版 呪術廻戦 0』3日間で26億円突破!初登場の日下部篤也役は三木眞一郎に | .

12月24日より公開中の『劇場版 呪術廻戦 0』の3日間(12月24日~26日)の興行成績が発表され、観客動員1,908,053人、興行収入は2,694,128,150円を記録と、本年度No.1の超大ヒットスタートを切ったことが分かった。

>>『劇場版 呪術廻戦 0』あらすじ&キャストはこちらから

全国418館(IMAX39館含む)にて公開された本作。公開初日には、全国7大都市、14劇場58スクリーンで0時からスタートした“最速上映”を開催。さらに夕方には、緒方恵美、花澤香菜ら豪華キャスト陣総登場で舞台挨拶が行われ話題に。

映画では、既刊単行本の中でも人気のストーリーのひとつ、前日譚となる通称“0巻”「呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校」が描かれている。そしてこの度、原作では描かれていなかった、TVアニメシリーズで人気を博したキャラクターの“百鬼夜行”での活躍が描かれていることが明らかになった。

京都府立呪術高等専門学校の2年生、東堂葵(京都校の要的存在で、高身長アイドル・高田ちゃんの熱狂的ファン)、加茂憲紀(呪術師の御三家・加茂家の本家筋で責任感が強い)、西宮桃(小柄で可愛らしい見た目ながら機嫌を損ねた際の発言がキツイ)、1年生の禪院真依(呪術師の名家・禪院家の娘で、東京校の真希の双子の妹)、三輪霞(京都校の中では非常に常識で素直)、究極メカ丸(アルティメットめかまる/見た目はロボットのようだが、その正体は“天与呪縛”により肉体と引き換えに広大な術式範囲・呪力出力を持つ生身の人間)が、それぞれの術式を駆使して京都で引き起こされた“百鬼夜行”を止めるべく活躍。五条悟の後輩である1級呪術師、七海建人も京都で多数の呪霊相手に戦う姿も描かれる。

そして、新宿で引き起こされた百鬼夜行に参加するのは、冥冥、猪野琢真、日下部篤也。TVアニメシリーズでは未だ戦闘シーンが描かれていない、1級呪術師で守銭奴・冥冥は、大きな斧を用いて多数の呪霊を祓い、初登場となる呪術高専東京校の教師、日下部篤也は刀を用いて戦う姿も。そんな日下部篤也の声を三木眞一郎が担当することも判明。

また、百鬼夜行当日、新宿で呪術師たちを癒していく東京都立呪術高等専門学校の医師で、反転術式の使い手・家入硝子、補助監督として家入や呪術師たちをサポートする新田明も描かれる。

『劇場版 呪術廻戦 0』公開直前PV

▼『劇場版 呪術廻戦 0』3日間興行成績
12月24日(金)
 観客動員:772,224人/興行収入:1,072,252,950円
12月25日(土)
 観客動員:626,110人/興行収入:892,008,700円
12月26日(日)
 観客動員:509,719人/興行収入:729,866,500円

『劇場版 呪術廻戦 0』は全国東宝系にて公開中。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close