映画

香川照之&松岡茉優が参加『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』新公開日は3月4日 | .

長らく公開を延期していた『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』の新たな公開日が、来年3月4日(金)に決定。ゲスト声優として、香川照之松岡茉優の参加も明らかになった。

>>『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』あらすじ&キャストはこちらから

『映画ドラえもん』シリーズ41作目となる本作は、『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』(‘85)のリメイク作品。新しい脚本と現在の技術を駆使した3DCGで描かれる宇宙船、日本を代表するCGプロダクション・白組協力のもと、アニメーションにVFXを取り入れた演出と、様々な面で進化を遂げ、再び大きな宇宙の小さな星を舞台に、ドラえもんたちが大冒険を繰り広げる。

そして今回新たに出演が発表された香川さんが演じるのは、クーデターを起こし大統領の命を狙うピリカ星の独裁者・ギルモア。恐怖で人々を支配するギルモアが怒りをあらわにするシーンでは、迫力ある演技を披露している。

「オファーのお話があったときは、二つ返事で『挑戦したいです!』とお戻しさせて頂き、一生懸命演じました!」と話す香川さんは、「今作の脚本を読んでみて、やはり『ドラえもん』はどこをとっても面白いなと感じました。ヒーロー感満載で、夢があって、友情の大切さを感じる作品になっていると思います。是非劇場で応援して頂ければと思います」とコメント。

また松岡さんは、ピリカ星の大統領であるパピのお姉さん・ピイナを演じる。原作には登場していない、今作のオリジナルキャラクターとなっており、正義感が強く、命を狙われているパピを命からがら逃がすという役どころ。

松岡さんは「子役時代には泣かなくてはいけない撮影でどうしても涙が出ない時、ドラえもんの数ある感動的なシーンを思い浮かべて涙を呼び込んでいたこともあります」とエピソードを明かし、「ドキドキハラハラの物語も勿論ですが、心に残る素敵な言葉が作中に沢山ちりばめられているので、温かい気持ちになってもらえると思います。私も勇気を貰いました。お子さんも勿論、大人の方も、映画館で待ってます!」とメッセージを寄せている。

さらに、『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』のリバイバル上映が決定。東京や北海道など、7都道府県9劇場にて上映予定だ。

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』は2022年3月4日(金)より全国東宝系にて公開。

『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』リバイバル上映は11月23日(火)~12月2日(木)7都道府県9劇場にて上映。

ソースリンク

もっと見せる

関連記事

Close
Close